断捨離で見つけた宝物!

先日カンボジアの家で断捨離。そして、見つけたこの本。「う~ん、いつ買ったんだっけ?」と思うくらい記憶にない。でも、かなり好みの本。
f0235252_0444323.jpg

そして読み始めてびっくり。今の自分に重要なメッセージが満載!まだ読み終わってないけど、この部分はまさに本日実感。”まずは相手の立場を理解する” 
f0235252_0455525.jpg

今まで自分でも大事にしてきたことだけど、『あなたのことも理解しているんだから私のことも分かってよ!』ってなっちゃう。コミュニケーションは一方だけではダメなんだな。双方が相手を大切に思わないとね。この本、しばらく私のお友達になりそうです。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-11-24 00:46 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

臆病な年寄り・・・

ラオスに来てからのブログは30%は道の話題だろうなぁと今日思いました。訪問看護と道路事情はいつも一緒。
それでも乾季は意外に『道トピック』は少ない方だけど、今日はとにかく道が狭い!タイヤが半分落ちてるんじゃないかと思うくらいで撮った車内からのこの光景。
f0235252_23292954.jpg

f0235252_23294994.jpg

そして、乾季独特のザラザラした山道。ザラザラだから、崩れやすくてドキドキ~。歩いてて3回も転んでしまった!(足腰、弱ったかな?笑)

たどり着いた村はやっぱりザラザラ地面の傾斜、凸凹。患者さんは足の力が弱っているから歩行訓練をするように病院で指導されたけど、この地面だと大変だろうな。
f0235252_23303135.jpg


でも、病院で言われたように平行棒を作ってあった…よく見ると作ったばかり?ふふ。今日訪問することが分かって慌てて作った感あり。そして、取って付けたかのように歩行訓練してた!あはは! Better than Nothing ですな。
f0235252_23312583.jpg


でも、彼らにとってはこのザラザラ凸凹地面が普通だからこんなこともお手のもの!すごいね~!
f0235252_2332279.jpg


それにしても、昔に比べると『この道、怖~い』って感じることが多くなった気がする。臆病な年寄りになってしまったのかな?鍛えねば!
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-11-22 23:35 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

初・山中パンク

先日FBでパンクの写真のみを掲載しましたが、その詳細です。
ルアンパバーン市内から徒歩で7時間かかるというAちゃんが退院となりました。帰るための交通費がないというので、そちら方面への訪問看護のついでに村まで送ってあげることにしました。舗装された道から村へ向かう横道へ入ったところから結構スルズル・ガタガタ。というのも、乾季に入っていたのに珍しく3日連続の大雨でせっかく良くなっていた道が悪路に変わり果てていたのです。でも、これまでの経験からまだ大丈夫そうだなと判断し、前進…と、いきなりひどいことに!止まって道の確認で降りてびっくり!1mはあると思われる溝にあと1センチ。ひゃ~!「誰も動かないで~」って叫んだら落ちてしまいそうなくらい。反対側は草むらの向こうは崖。なんとか脱出を試みます。
f0235252_1791969.jpg

f0235252_1794155.jpg

少しでも車体を安定させようとドライバーのK君以外下車。それもそ~っと、そ~っと・・・
思い切りのいいK君、一気に坂を下ります!もう、その様子と言ったら車ではなく見えるほど左右に大きく振られて思いっきり力が入ってしまいました。
100mほどの恐怖の坂を下りやっとUターンができそうな広い場所へ出ました。ホッとしたと共に力が抜けました。
f0235252_17102795.jpg

Aちゃん家族の村まではまだ先があります。7時間歩くところが2時間になったけどこれ以上は危険すぎるので、申し訳ないけど、ここからは歩いて行ってもらうことにしました。でも、Aちゃん家族はにっこり笑って「ありがとうございました!」と言ってくれて、これまたホッとした。のですが、あの坂下りで大事なタイヤがパンク。あ~ぁ。
f0235252_17113834.jpg

この後のタイヤ交換がこれまた大変!地面がぬかるんでいるので、ジャッキで上げた車がズルズルと下がって来てしまう。石で補強するも…その石が柔らかく崩れちゃう。K君大雨の中、汗だくで大奮闘。私たちはよさそうな石を探したりするくらいしかできず、もどかしい。2時間後、やっとの終了。
f0235252_1712927.jpg

ドロドロのK君、そこから何もなかったかのように次の訪問先へ車をひたすら走らせる。男前やな~!笑 命からがら戻って来れた。命あることに感謝です。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-11-20 17:14 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

薬が覚えられない~

ご無沙汰のブログとなってしまいました。とにかく時間がない…というのはいいわけですね。いかん!

人々が健康への意識が高まって、日ごろの予防に気を付けたらり、具合が悪くなったら病院へ行こうと行動が変わってくる。病院へ来たら治療の一つとしてお薬を処方されますが、カンボジアでもラオスでも薬の服用が処方と通りに服用されないことがとても多くあります。症状が治まったら「もういいか」と止めちゃうことがあったり、これは日本でも良くありますね。また、継続して再処方してもらいに行く交通費が無かったり、農家の繁盛期にはとても1日かけて病院へ行く余裕はないです。更に、処方された方法がカレンダーや時計を常用していないことで余計に覚えられないということもあります。
先日のケースはこんな条件に加えて複雑な服用をしなければならない。こんな感じ。
最初の月曜日の朝はこれ。
f0235252_14181894.jpg

火曜日から6日間はこれ。
f0235252_14184485.jpg

その後の毎月曜日はこれ。
f0235252_1419191.jpg

で、その後は火曜日から日曜日は毎日これだけ。
f0235252_142055.jpg

あの手この手で説明したのですが、どうしても覚えられない。結局、カレンダーとこの写真をプリントアウトし貼り付けて何度も復習。それでも混乱。うる覚え…。なので、追加に毎日電話をして確認をすることにしました。
今まで病院へ行くことさえもなかったかもしれない人々が、せっかく病院まで来ても提供された治療が確実に提供されなくちゃ元も子もないですもんね。他にもピルボックスやステッカーや絵などあの手この手で一番合っているものを使ってもらうようにしていますが、全員にアプローしhすることは不可能です。この経験をした患者さんや家族が他の人へ教えられるようになって少しずつでも多くの人たちに広がっていくといいな~と思いながら写真を撮ったのでした~!
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-11-06 14:26 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

山4つ越え!

FBで「詳細は後日」と言っていた”山4つ越え訪問看護”の報告が2週間も経ってしまいました。でも、その記憶は鮮明! それだけ、すごかった。
火傷をして半年以上も入院をしていた患者さんへの訪問です。傷が完全に治っていないけど、やはり恋しい村です。早く返してあげたいと思って、傷の手当ても1週間に1度になった時から自分できれいに傷の消毒ができるように院内でとレーニングしました。4-5回繰り返すうちにとても上手にできるようになったので、ガーゼや包帯をいっぱい持って退院。車で送りましたが、その時の笑顔が忘れられない!おとなしい子だけど、この時ばかりはとにかくうれしくてたまらなかったんだろうな。とは言え、傷の手当がちゃんとできているかの確認は必要なので、2週間後に訪問…ですが、大洪水で行かれず、別ルートで行くことを計画して出直しました。
その別ルート、久々のものでした。まずは車で2時間。船着き場(というよりは、単なる川岸ですけど。笑)でボートに乗り換えです。こんなかわいらしいボートが来た!
f0235252_22482210.jpg

そして、なんと”HONDA"ボート!笑
f0235252_22492176.jpg

川を40分ほどきれいな景色を眺めながら、『マイナスイオンだわ~』なんて…この時にはこの後の過酷な登山を予想だにせずのんきなもんでした。ふふ。
f0235252_22502539.jpg

そして、徒歩開始!「3時間かかりますから」と言われていましたので、気合い入れて歩き出しです。
f0235252_22511068.jpg

稲刈り中の中を通って、「こんにちは~!」なんて、まだ元気いっぱい。
f0235252_22514881.jpg

川も渡って、冷たくて「気持ちいい~」ってまだ元気。
f0235252_22523973.jpg

途中で追い越されたお子ちゃまたちのランチ中に、追い越し!大人げないけど、優越感!はは ここまではかなり元気。
f0235252_22535054.jpg

そして、いつになくカンカン照りで、水分も体力もかなりの消耗をしていた時に「あともう一つ山越えたら着きます」と言われ、”うひゃ~~~~~!”でしたけど、一応平然とお澄まし顔してました。(誤魔化せてないかもですけどねぇ。あっはは)
f0235252_22553561.jpg

そして、病院を出て6時間後、やっと村が見えた時には、足は豆だらけでグチャグチャ。急に痛くなってきた。泣
f0235252_2256247.jpg

でも、ちゃんと傷の手当を頑張っててくれたのを見たら痛みも吹っ飛ぶね!間違えないように退院の時に渡したカレンダーとシールもちゃんとできてる!頑張ったよね~。
f0235252_22563477.jpg

訪問終わったら、感動のアドレナリン血中濃度も下がってきた様子で…つぶれた豆が痛い…。他のみんなも豆だらけ。帰りは村でトラクターを探して船着き場まで戻ることにしました。遠くから”トットットットットット”ってトラクターの音が聞こえてやってきた時、嬉しかった~。この道さっき歩いたなぁ…と思いながらの帰路
f0235252_2257427.jpg

f0235252_22585025.jpg

トラクターって、すごい馬力!こんな道もものともせず!
f0235252_22575824.jpg

船着き場まで2時間。徒歩より1時間も早く到着した。この最近では稀にいみるカンカン照りで、真っ黒になりましたが、今回も”医療が遠い”を実感です。物理的なことだけじゃない遠さです。こんなところから来なくちゃいけないんですよね。その距離を少しでも短縮するために、まだまだ脳も身体も鍛えなくちゃだ。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-09-29 23:02 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)