「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

「この小さな笑顔のために」

akaisippo.exblog.jp

カンボジア・ラオス・ミヤンマーで小児医療に関わる赤尾和美さん応援サイトです。

今回の帰国もそろそろ締めくくり。いろんなところへ行きました。仕事の合間に出会った”日本の夏”に癒された。
f0235252_14444574.jpg

f0235252_14462270.jpg

f0235252_14502271.jpg

f0235252_1561644.jpg

f0235252_1544321.jpg

f0235252_1532529.jpg

そして、明日、ラオスの現場に戻ります。少々頭の痛いことが起きているので、機内ではギアチェンジしながらその対策を講じるか!前見て行かなくちゃね!
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-08-17 15:17 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

生き残った!

訪問看護17年やってるけど、今回は一番すごかったな。『生き残った!』って思った。

お天気も良く途中までは順調に向かっていたのですが、前日までの雨によって悪路。でも、これまでもドロドロニュルニュル悪路には慣れていたし、車の装備もドライバーさんもスーパー!特にMr. Driver の運転技術と判断は凄いので、どんなところもうまく乗り切ってきたのですが、初めての立ち往生。先を急ぎたかったので、Mr. Driverを残し徒歩開始を決定。まずは、荷物を車から取り出して…結構重たい。
f0235252_1834454.jpg

こんな道と
f0235252_1843216.jpg

f0235252_1851348.jpg

こんな道を合計を5-6キロかな。
行きはお天気も良く、緑もきれいな景色を横目に「身体にいいね~」などと言いながら前進。
f0235252_1854462.jpg

訪問を終えて家を出るや否や、ポツ、ポツと来た??と言っている間にものすごい勢いで降ってきた!多少待ったところで止むようなものではないのは分かったし、車の状況も確認しなければならないのでひたすら歩く!悪路には濁流がものすごい勢いで流れていました。靴は足を取られてしまうので裸足。合羽も車には準備してありましたが、荷物をできるだけ軽くしたいと持たなかったので、ぐちゃぐちゃ…。でも、きっと着ててもぐちゃぐちゃ。はは ここはさすがに写真を撮る余裕はなかったのですが、スタッフ一人が実況中継入りの動画を撮っていました。さすがだねぇ。

車までたどり着いたものの雨の勢いが治まらず、状況は悪くなる一方でMr. Driver一人では脱出不可能でした。Mr. Driverもあの手この手を尽くしたのが周囲の状況でよく分かった。それに、かなり精神的にも大変だったんだと思います。ランチで残ったもち米と非常食のクラッカーが精霊に捧げてあった。一人で頑張ってくれたんだな…大変だったね…と感謝でした。
f0235252_188745.jpg

車は水没状態。最後の望みはトラクター牽引。隣村まで(たぶん4-5キロ)牽引してもらうためのトラクターを見つけにMr. Driverが徒歩出発。車を守る私たちは水が少しでも流れるように水路を作成。「Please stop rain!」って言いながらせっせと頑張りました。
f0235252_189385.jpg

待つこと1時間半。遠くの方から雨の音に交じってトラクターの音が聞こえた時には、「やっほ~!!」と叫びましたよ。そして、無事にはまり込んだ穴から抜け出せた!
f0235252_1893261.jpg

…がしかし、この後3度もはまり込む。その度にみんなで押す!オス!押忍!もう全身泥パック!髪の毛も泥で固まってた。お肌少し若返りしたかも。ふふ。
f0235252_1811213.jpg

最後の山を越えた後、『生き残ったね!』とハイタッチし、チーム自撮り。みんなこの合羽の下は素っ裸!病院へ戻ったら22時。なが~い1日でした。
f0235252_18101991.jpg

翌日名札がこんなになってたことに気が付き、やっぱり、すごかった…としみじみ感じた。
f0235252_1813125.jpg

今回のサバイバル経験、ある患者さんからのご家族から『緊急要請』での出動での出来事でした。改めて命を考える日になりました。そのお話しはまた後日。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-07-23 18:18 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(1)
”ハグ”と”察する”って、何か通じるものを感じます。
先日かなり精神的にヘビーなケース(胸が詰まるような…という意味です。)の訪問看護をした翌日のこと、ある方が「昨日はどうだった?」と尋ねてきました。私は、まずは客観的に話し出したのですが、詰まっていたものが少しずつ吐露され、『ここが一番辛かった』という気持ちになった時にその方が、とっても自然にハグをしてくれました。そして、私の『う~…辛い…』ってものをきゅ~~~~~っと吸い取ってくれた。すごいなハグの力と再度実感!

それと似た感覚が”察する”ということ。私の心を察してくれた結果が、ものすごいタイミングのハグだったのだと感じました。アンテナがあってピ~って感じ取れるんだと思います。”察する”って英語でも色々と訳されますが、なんとなく日本人独特な感覚がします。心を労わったコミュニケーション。目の前にいる人が何を嬉しいと感じ、楽しいと感じ、嫌だと感じ、悲しいと感じるのかと察しようとすること。これ、私にハグしてくれた方も含め、努力しなくてもとってもナチュラルにしている人はたくさんいます。(反対に察することができずに傷つけちゃう人もたくさんいるけど) 

そして、遠く離れたところからこのタイミングで「どうしてる?」と言ってくる人もいて、ハグ+察し+テレパシー=癒される。こんなことをつらつらとトウモロコシ畑の真ん中でランチをしながら考えた。今日の学びでした。
f0235252_2145348.jpg

[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-07-14 21:46 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

腐った卵

ある患者さんの家へ訪問看護です。重症な栄養失調だったので、健康とは何ぞや?栄養って??という教育と収入を増やすため+自給するために何をする??ということを一緒に考えてきた家族ですが、安定するまではやはり食材支給も必要になります。この患者さんはタンパク不足の子でしたので、タンパクをどう摂取するかがキーなのです。そこで、干物の作り方を教えたり、養鶏を始める段取りをアドバイスしたりしてきました。ドライバーさんによる干物教室です!
f0235252_2341339.jpg

f0235252_23444180.jpg

で、今日の食料支援はタンパク質たっぷりの卵。
1日1個として、家族3人なので、1か月で90個を購入していざ!…と出発したら、車内に異臭。気のせいかな…と思っていたのですが、ドライバーさんが「おかしい!卵だ!」と言って停車。彼の読みは素晴らしい!卵でした。一つずつ調べてみると、あや~!割れて腐って虫が湧いてる!全部チェックして、袋に入れ替えましょうということになり、道端の葉っぱをクッションにして(これ、いい方法ですね!感心した。笑)入れ替えながら一つずつチェック。
f0235252_23361531.jpg

振ってみると『シャカシャカ』と音がするのは腐ってるんですよね。そして、割ると卵の形すらないこんなになっちゃう。くっさ~い!90個中6個は、『シャカシャカ』でした。
f0235252_23373475.jpg

その後も車内に異臭は残ったままでしたが、その異臭を嗅ぎながら”この残りの84個は、果たして100%OK だろか?”という不安が頭をよぎり、”明日『シャカシャカ』になる可能性のある卵がいくつあるんだろう?”と思ったら、やっぱり無理ですね。このまま返品することにしました。患者さんへは、別のところで購入しようと思いましたが、地方へ行くと卵を購入するところを探すのすら大変で、結局今回は卵は購入できずでした。幸いにして、収入増加のために始めた養鶏(まだ9羽ですが)から卵が取れるということが分かり、ホッと胸を撫で下ろしました。
この卵を購入したお店に『あなたの売った商品で人が死んでしまうこともあるんです。だから、仕入れには十分気を付けてね。』ということを伝えたかったので、帰り道に寄って返品したところ、「私たちも知らなかったから返金はできない!」と、とってもいや~な顔されました。 
でも、『この返品は返金が目的ではないんです。』ということをじっくりと説明したのですが、どこまで実感してもらえたかなぁ。こういうことの繰り返しを辛強くすることがいつか実を結ぶと信じて続けます!諦めませんよ~!
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-07-09 23:50 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)

察するところ…

先日泥棒が入りました。盗まれたもの3点。
まずこれ。ここに置いてあったもの。友人が置いて行ったウィスキー。再購入はしておらず写真なしです。察するところ酒好き。似た者同士?
f0235252_21551719.jpg

そして、これ。マヨネーズです。早速再購入しました。察するところ、ウィスキーのつまみにマヨネーズが必要だったのでしょう。マヨラー?
f0235252_21563680.jpg

そして、ハンモック。これが痕跡。紐を何かで千切っていて散らばっていました。察するところカンボジア人ではない!(断言!!) なぜなら、ハンモックの紐の結び方はカンボジア人直伝で、しっかりと吊れて千切らなくてもスッと引っ張ればほどける縛り方だったのです!ハンモックは『デート必須アイテム』であるカンボジアでこんなことをする人はいないんです!これを知らないカンボジア人はいないのであります!(笑)
f0235252_2157256.jpg

酒好き、マヨラーなカンボジア人でない人。色々察しましたが、盗まれたものは返らず、ま、大したものではないしいいか。今頃ハンモックがうまく吊れなくて困ってるんだろな~。ふふふ。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2016-07-06 22:03 | 赤尾さん活動報告 | Trackback | Comments(0)