Pi Mai Lao (ラオス新年) 元旦 習慣・風習 水かけ編

Pi Mai Laoの元旦には恒例で行われる風習・習慣があるようです。
まずは、もちろん水かけ!本来は仏像や家族へのお清めの意味で行われて始めたようです。お寺では1年に1回、仏像をこうして洗い清めるのが元旦のしきたりだそうです。色々な仏像があるのですね。
f0235252_1338333.jpg

タイやカンボジアでもこの時期がお正月で、同様に水かけをするのですが、カンボジアではそれが喧嘩を引き起こしたりすることから、政府から街中での水かけは禁止となっています。…が、ラオスの水かけは過激~~!すごいことになっていました。
こんな風にビール片手に大きなバケツやホースでザブザブかけるんですよ。
f0235252_13384822.jpg

f0235252_13401321.jpg

大人も子どもも水鉄砲をかかえ、容赦なしです!
f0235252_13393715.jpg

街には、トラックに乗り込み水かけをして回る若者が、こんなに列をなして繰り出していました。爆音の音楽をかけながら気分も高揚し、トラックがユサユサと揺れていました。
f0235252_13404739.jpg

水かけばかりではなく、ペイントを手に付けて顔やシャツ、車にまでベタベタ~ってつけたりすんですよ。ほら、こんな風に。
f0235252_13464487.jpg

こんなことされても、ラオスでは喧嘩が起こるところか、みんなビショビショ、、ペイントペタペタにされてハッピー!!って感じでした。普段おとなしいラオス人が、はじけまくっていました!本来の静かな水かけとは様変わりしていますが、”お清め”の意味が人々の意識の中にあるのかもしれないですね~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-18 13:50 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)