村納め。鬼教師納め 2016

先週はHIV検査のカウンセラートレーニングをしていたので、ラオス人訪問看護スタッフもノビノビと一人で村へ行っていたのだろな~と思います。…が、そろそろうるさいおばさんが登場しないとね! 院内で働くラオス人スタッフは病棟が教室ですが、訪問看護スタッフは、長距離走破している車内と村での訪問中が教室です。村納め・鬼教師納めは1泊2日の長丁場。ふふ 車内であ~だ、こ~だと鬼教師を発揮し、うんざり~って頃に、1日目の終わりの患者さん宅に到着し、こんなきれいな夕日。鬼も少し優しくなりますね。
f0235252_22211036.jpg

そして、さむ~い宿で1泊し、7時出発!この時期のラオスは平地でも朝もやがすごいのですが、山はもっとすごい。もやもや~。
f0235252_22214881.jpg

そして、晴れて来たら雲の絨毯!仙人になった気分です~。
f0235252_22221021.jpg

本日最初の患者さんは、お父さんがオピウムスモーカーで子供が栄養失調。「止めます。」といいながら止められない。今日はお父さん、ファームに行っているというけど、きっと私たちにグチグチ言われるのが嫌で逃げたんでしょうねぇ。こうなったら村ぐるみでこの子を守ってもらわないと! そこで、村長さんとその奥さんにお話ししてご協力をいただくことにしました。 これは村社会のいいところ。 『朝イチからヘビーだわ…』と眉間に皺を寄せて鬼がさらに鬼になって家から出て来たら、かわいい子ワンコ。
f0235252_2223081.jpg

そして、豚さんの朝の散歩。ふふ。鬼の眉間の皺がちょっと緩みました。
f0235252_22232845.jpg

その後も3件を回ってさっき帰宅。今年最後の村訪問と鬼教師終了。スタッフもホッとしたことでしょう。…鬼は来年さらにパワーアップすることも知らずにねぇ~。ふふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-12-23 22:27 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)