タイトルになんて書こうか…悩む

火傷で入院してきたHちゃん3歳です。傷の状態も良くなってきたので退院ですが、「3日後には一度傷の手当で戻ってきてちょうだいね。」という条件付きで退院です。病院からも車で10分程度のところなので、ちゃんと戻ってくるかなぁ?大丈夫かな?と思いつつの退院。予感が的中しちゃって。当日来ない。電話をしたけど「お金がないから行かない」と言って電話を切ってしまって、そのままつながらなくなってしまいました。こうなったらこちらから行くしかない。村の名前しかわからないけど、なんとか行くだろうと村で聞いて回りましたが「ボフー(知らない)」というお答え負かりが帰ってしました。見るからないのか…と思い始めた時に「ゴミのところに人が住んでるよ。」ということを教えてくれて、「ゴミのところ?」と半信半疑でしたが向かいました。…で、いた!ゴミに囲まれたところに数家族が小屋を作って住んでいました。ゴミを集めて売れるものを分けているのですね。でも、ここに住んでいる人たちはこの村の住人として登録もされていないということですよね…。
f0235252_16572338.jpg
下の写真の左が家の一部です。ビニールで囲っていますが、雨季のスコールでは、ひとたまりもないです。ここに8名が住んでいますが、安心して過ごせる環境ではないだろうな。熟睡できないんだろうな。
f0235252_16563221.jpg
そしてHちゃんのお母さんに「病院へ行こう。車で行かれるからお金もかからないから」と言ったのですが、どうしてもいやだと言います。002.gif 院内での食事も材料を提供するからあとは作るだけ。もちろん診療費もかからないから一切お金はかからないのにどうしてなのか分かりませんでした。このお母さん実はティーンエイジャーで、お母さんになるにはちょっと早すぎた。ごはんも作れない、子供の世話も出来ないので常におばあちゃん(Hちゃんのお婆ちゃん)が一緒でないと行動できないんです。今回もお婆ちゃんにお願いして、一緒に来てもらうことでなんとか納得。無事に傷の手当ても終わって翌日には家へ送りました。今回のことはこれで済みましたけど、この家族へのフォローアップは継続した方がいいなぁと思っています。
街はバレンタインでHappy、Happy!気分でしたが、そんなこと全く関係なく毎日を生き残っていくことだけで精いっぱいない人たちがたくさんいる。すべてを解決できないけど、せめて子供が病気にならないように何かできるかな。頭フル回転だ!066.gif082.gif




[PR]
by kazumi_Cambodia | 2017-02-19 17:37 | Comments(0)