夜の訪問看護その2~自然は凄い~

夜の訪問看護の一夜が明けて、まだ朝もやがある7時前にお宿を出発。途中、夏休み明けの子供たちの通学に出会いました。山の緑と新学期に備えて買った新しいシャツが目に眩しい。気分一新ですね。清々しい!
f0235252_16582971.jpg
気分一新でヘアーカットもしたのねぇ。ふふ、散切り頭。可愛い~。ホッとした。
f0235252_17000477.jpg
前日から良いお天気で助かった~と思っていたら、みるみる真っ黒い雲がやって来てスコール!ワイパーフル回転でも前が見えない!そして悪路の山道で、ヒヤヒヤ。
f0235252_16585754.jpg
山道には破壊力を感じるほどの濁流が流れていました。逆らえないようなパワフルさです。
f0235252_17003139.jpg
絞り切ったように降った雨が上がると、大きな荷物を頭で支えながら山を登ってきた人々に出会いました。きっとあの雨の中も歩き続けていたのでしょうね。脇目もふれずひたすら前進。後ろなんて振り向いていられない。
f0235252_17134366.jpg
そして、びっくり!あの嵐のようなスコールの時に倒れたと思われる樹木が電線に接触して、漏電でしょうか。火事!村人さんたち、意外に冷静に眺めてる。
f0235252_16592092.jpg
自然の力を感じる1日でした。そして、この2日間、車で移動中にはAudibleにダウンロードしたこの本の朗読をず~っと聴いていました。(著者ご本人の朗読!すごいです~!)
f0235252_16594226.jpg
清々しかったり、ほ~っとしたり、ヒヤヒヤしたり、身を任せなければ仕方がなかったり、ひたすら思い続けたり、びっくらこいたりの1日が、人生の縮図のような気がしました。そして、この本からもらったものは、そんな人生を包み込んでくれる風呂敷みたいだなぁ。私のバイブル本に追加です!
[PR]
Commented by 岡  巌 at 2017-09-19 07:35 x
赤尾さん、覚えておいででしょうか、カンボジアの「マイサ」でしたか、あのおばちゃんのお店で少しお話しさせていただいた岡 巌です。 

今度9月30日、ライオンズで建てた小学校の関係で、ルアン・パパンにほんの少しの時間だけ行けることになりました。どんなところかまったくわかりませんが楽しみです。 観光客は病院には入れないということなんで、あきらめますが、せめて、どんなところで頑張っておられるのか見せていただきます。

ご活躍、お祈り申しております。
Commented by kazumi_Cambodia at 2017-09-21 22:19
岡様 覚えております!…が、どれくらい前でしょう?ずいぶん前になりますね。
9月30日ですか!…残念ながら私は土曜日に日本へ発ちますのでお会いできませんが、ラオスののんびり感を満喫してください。もし、ラオスにいたら是非お会いしたかったです!
by kazumi_Cambodia | 2017-09-17 17:43 | Comments(2)