アドレナリン出まくりの訪問看護

本日久しぶりのサプライズ登山訪問看護。雨季に入ってからなかなか行かれなかった村へそろそろ行かれるかもという提案がスタッフからあって、「是非行きましょう。」ということになりました。一応、「どのあたり?」と聞いて、「ちょっと歩きますけど」という言葉に、「OK~!」と出発。車で船着き場へ1時間、そして川を渡る。橋を架ける建設がされていました。
f0235252_00163357.jpg
そして、更に1時間。「ここが登山口です。」「ん?…え?登山口?」そう、これが、登山口です。
f0235252_00172739.jpg
1時間くらいの登山らしい。最初は、まずまず余裕。だけど、結構まだぬかるんでいて、こんな道が続く。ヌルヌル~。バランス感覚が問われるわぁ。年齢を感じる!でも、汗が絞れるくらいに出て気持ちい~!そして、こんな道を歩いていると、アドレナリンが出るのだと思います。ラオス人スタッフと2人で、今までにないくらいに会話が弾み過ぎ!笑 奥さんが以前に家出したお話しとか、モン族の昔話に爆笑してました。そして、いろんな生き物がいるのでしょうね、私たちの気配に周囲ではガサゴソといつも何かが動いてる。でも、「ドシャ、ガシャ!」と大きな何かが動いたかと思われた時に、ラオス人スタッフがウルトラマンの“シュワッチ”のような態勢をとったのにはちょっと笑いました。あはは!
f0235252_00183051.jpg
もう少しかな…と思いたいくらいの時に絶景!乗ってきた車がちっちゃく見えた~!こんな登山とは思わずに、お水500㏄しか持ってこなかった…ちび飲みしようと思うけど思わずゴク飲み!なんとかなるさ~。
f0235252_00203342.jpg
そして、到着!嬉しかったわ~。村は平穏。豚さん親子に癒される~。
f0235252_00212150.jpg
f0235252_00252935.jpg
訪問した子は元気だった~!何よりのご褒美です。嬉しかった~。時にあるんです、しばらく行かれないでいたら、悪化していてがっくり…ということ。正直言うと、登ってる間は前進することに必死で患者さんがいるということが飛んじゃっていました。m(__)m 下山して登った山を見上げて、「あのう天野てっぺんから更に裏まで行ったんだもんね、頑張ったね~!」とスタッフと褒め合いで更にアドレなりのシャワー。はは。
f0235252_00314334.jpg
実は今朝、ある方から『20年間ぶれずに続けている和美さんはやっぱり偉い!貧乏しても、男に去られても、病気にもめげずにやり続けているのは尊敬に値しますよ。』と言われ、…”ガビ~ン”としながらも、その時点で既に嬉しくてアドレナリンが結構出ていたようですね。ふふふ。でも、ブレそうになると、こういうお褒めの言葉をいただいたり、今日のようなお仕事がそのブレを修正してくれる。そうやって20年来たんだなぁ~と、アドレナリン出まくりながら思っていました。今日はアドレナリン出まくりで終了。明日もこんな嬉しいサプライズがあるといいな~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2017-09-22 00:42 | Comments(0)