2012年 08月 28日 ( 1 )

これまたウルウル・・・

ウルウル続きです。007.gif でも、嬉しいウルウル。
写真のC君は、両親がいません。おばさんの家で過ごしていて、小さい頃から訪問看護で経過を看ていました。それが、ある日突然、何年も過ごしていたその家を飛び出してしまいました。その後、お兄さんの家へ行っていることが分かりいましたが、学校も辞めてしまっていました。日雇いの仕事をしてお兄さん家族に負担がないようにしていたようです。でも、きちんと飲まなければならないお薬も飲んでいなかったり、お酒に酔って帰宅することもありました。どうしようか・・・と悩み、同じように長期に病院へ通っている子たちのプログラム"ピア プログラム(仲間同士の教育プログラム)”に望みを託しました。そして、「とにかく、病院へ一度来るように伝えて!」と家族にお願いしました。来るかどうか・・と心配していましたが、C君は病院へ来ました。そして、「いつ来なくなっちゃうかな・・」と更に心配していましたが、毎日病院へ来てくれて、日に日にC君の表情は明るくなって来たんです!嬉しい!そして、なんと、つい最近、調理師になるプログラムに通い始めたんです!!038.gif
f0235252_22231896.jpg

この表情で皆さんにも伝わりますよね?C君、しっかりと自分の進む道を見極めているんです。体調も良くなったし、顔色もすっごくいい。049.gif 一緒に写っているのは、これまた大人の”ピア”プログラムで病院のスタッフとして雇用したダラさん。C君のお母さんのように、こちらも生き生きしていますよね。嬉しいったらないです。066.gif
ここにたどり着くまでに半年以上かかりましたが、ひとまず、C君の嬉しそうな顔にバンザイ!058.gif そして、このまま上手に生きていかれるようにサポートを続けたいですね。045.gif 嬉しいウルウル・・・。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-08-28 22:29 | 赤尾さん活動報告 | Comments(5)