<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が家

今日は日曜日。まずは、わん、にゃんにご飯を上げて、お洗濯をしながら自分のコーヒー。考えてみればこうして我が家で自分の時間を過ごすことがあんまりなかったな~って思い、家の中をつくづく眺めてみたのでした。皆さんにも我が家をちょっとだけお見せしますね。
私の机です。ここで、私がお仕事・・と思うでしょ。ところがいつもニャン子の寝場所として占領されて、使えない・・・。

f0235252_9581256.jpg


そして、これが、我が家からの眺め。四方をマンゴの木に囲まれています。朝露に濡れて鮮やかな緑は、目にも優しいね。

f0235252_100819.jpg


お洗濯の後は、日本へ行く前の追いこみ仕事。・・・でも、ちょっとだけ脳味噌休めにファームへ行こうかな。皆さんはどんな週末?
[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-29 10:04 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

薬を毎日同じ時間に服用しなければならない患者さんがたくさんいます。それも、一生。でも、時計を使わない生活をしている人に、「12時間おきに飲んでね」と言っても分かりません。そんな時には、時計の読み方、数字の勉強からから始めることもあります。

毎日決まった時間に薬を飲むことって本当に大変です。私もたった1週間の薬でも飲み忘れがあるくらいです。でも、飲み忘れてしまうこと、時間とおりに飲まないことでその薬が効かなくなってしまうことを引き起こします。訪問看護では、そんなん患者さんのお薬を毎回数え、次の処方までの数があっているかどうかを確認することも重要役割となっています。写真はまさに写真を数えているところ。

f0235252_1205756.jpg


数が合わなかった場合にはその原因を見つけて原因をなくすためのサポートをします。薬が大きすぎて吐いてしまうとか、時計が壊れてて時間がわからないとか、薬を飲む時間までに家に帰ってこれないなどなど、理由は様々です。

今回の訪問先も時々ちょっとかずが合わない・・・。本人は「間違えていないはずだけど・・」と言うのですが、毎日のことですから昨日のことだったのか、今日のことだったのか分からなくなることもありますよね。時計やカレンダーのない、単調な生活をしていればなおさらのこと。そこが大変なんです。
[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-28 12:02 | ボランティア活動 | Comments(1)

週末

この週末は、”仕事はしない!”と宣言をして自分のボーっとする時間を作らなくちゃと思いました。人間、本当にボーっとすることってなかなかできないです。でも、愛車(スクーター君)で、ファームへ行き、それから、お世話になっている方々へのお礼の品物を購入のため、走行距離70キロ。走っている間にぼーっとしました。こんな道を走っていると、途中で牛さんの通せんぼがあったり、大きなとかげが飛び出して来たり。でも、本当にボーっとしている瞬間があった気がします。「私、今、どこへ向かっているんだ?」なんて頭に浮かんだ時がありました。

f0235252_21124455.jpg

[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-22 21:14 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

今日の訪問看護は、街の中から15キロほどの村でした。写真はそのおうちの壁。ボロボロなんです。数メートル四方の家ですから、雨期のスコールが吹き込み、家の中がびちゃびちゃになることは容易に想像できます。

f0235252_232428100.jpg


この家庭には7人の子供がいます。17歳の長男、15歳の長女、12歳の次男は湖で魚を取る日雇いのお仕事をして家庭を支えています。家には、10歳、8歳の次女、三女と2歳の双子ちゃんとお母さんが、何をするでもなく時間を過ごしています。あれれ?お父さんは?となりますよね。 お父さん、別の女性と一緒に住んで帰ってきません。双子ちゃんが産まれる前から状況は変わらないそうです。

これまでに何度もお父さんへ電話し、お説教。そのたびにちょっとだけ何かするのですが、それきり。今回も「家の壁を直してちょうだい」と言うと「お金がない」と言い訳ばかり。でも、この次に訪問する時にこのおうちで落ち合い、話し合いをすることにしました。何度目の話し合いになるのか数えきれないけど、こちらも諦めていられませんよね。それにしても、お父さん、お願いしますよ!自分の家庭なんだからさ。
[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-19 23:35 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

何でも屋です

お約束通り、今日は本当の活動報告です。

私の仕事は訪問看護で村を回るプロジェクトを運営すること。患者さんの家庭を訪問すると、病気だけ診ていたのではどうにもならないことがたくさんあります。例えば水。水は生命に欠かせないものですが、その水を遠く離れたところまで取りに行かなければならないことがよくあります。

水が十分に確保できないと不衛生になり慢性的下痢を繰り返し栄養失調になったり、脱水になり命さえ落とすこともあります。また、水が身近にあれば、庭先に野菜を栽培することもできて、食料の確保も可能にすることだできます。

そこで、井戸の必要性があると認めた時、井戸の手配をすることも私たちの仕事の重要な部分です。今日は新しく手配して出来上がった井戸のある家への訪問でした。水の質や、故障がないかの確認も欠かせません。写真は穴掘り式の井戸を手引き式の井戸へつなげたものです。早速水チェック!

f0235252_2301674.jpg


水は、ちょっと赤いのですが、それほど悪くないです。完全な水質チェックなどはできないのですが、今後はそんなこともできたらいいなと思います。

私たちは、何でも屋です!
[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-17 23:06 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

補足です

今日のコイニングのめめめさんのコメントに私がお返事した中に“私が選択して・・・”と書いたのがブログを見た友人より「言葉が足りないな~」とご指摘を受け、補足することにしました。本当に言葉が未熟で申し訳ないです!

病気で一人鬱々としている時に、誰かが傍にいてくれるだけでも、なんとなく楽になった気がすることないですか?私はそうなんです。今回も、ぞろぞろとにゃん子はおりますが、時折来ては、ペロペロとなめてはくれるものの、すぐ行っちゃう。「なんだか、つらいわ~」と思っていること多々ありましてね。コイニングってそばに座ってくれて、コシコシとしながら「いつから具合悪いの?」「どの辺がどうなの?」「何か食べたの?」などと会話をしながらしてくれまして、そして、更にマッサージしながらの時間に、「つらいのよ~ん」「甘くて冷たいものなら食べられそう~」なんて話していると、それだけで癒されてくるんですよ。だから、”選択”というより、”好んで”といった方が良いのでしょうね。

傍に人がいるだけで気が楽になるなら本当は病気じゃないんじゃないか!なんて思われちゃうかもしれないけど、”手の効用”とううのがありまして、触る、触られることで、人の気持ちを穏やかにする効果があるのだそうですよ。私にとってはその一つだったのですね。

・・・ということで、言葉不足が少しは補えたかしら?もう少し、母国語をお勉強しないとだめそうですね。

今日は、活動報告からはかなり外れた内容になってしまいましたが、次回こそは本当の活動報告をしますので、お楽しみに。
[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-16 22:52 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

いきなりえぐい写真で失礼いたします。この3日熱でダウン。何の薬を飲もうと効かない・・。となったら、「よし、カンボジア伝統医療だ!」とコイニングしちゃいました。コインでごしごし体をこするんです。痛いんです・・・。そして、こんなあざだらけ。背中はシマシマです。でも、そのお蔭(???)で今日は少し熱が下がりすっきり。思いこみってあるのね~。

f0235252_13224338.jpg


熱にうなされながらも容赦なく襲ってくる蚊と戦うには、これ!ちょっと見た目はラケット。でも、ボタンを押すと電気が走るんです。”パチパチ”っと音を立てて蚊をキャッチ。その名もモスキートキャッチャー動物愛好家の私ですが、蚊には残酷になってしまうのでした・・・。

f0235252_13181117.jpg

[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-15 13:24 | 赤尾さん活動報告 | Comments(5)

いまだに・・・

ご無沙汰しておりました。日本でばたばたと動き回り、8月8日にカンボジアへ戻ってきました。そして、早速カンボジア報告。
先日お伝えした、ファームの杭。いまだにそのまま・・・。手続きが長引いていて、手をつけられない状態なんです。もう、いや!雨期だから雨にさらされ、そのまま腐っちゃうぅ~。

f0235252_22294083.jpg


でも、可愛い新顔ちゃん。にゃんこです。ちと汚れた顔しているけど、これでもワンコより強い!
f0235252_22325565.jpg

[PR]
by kazumi_cambodia | 2010-08-10 22:34 | 赤尾さん活動報告 | Comments(5)