ちっちゃな富士山!

毎日寒すぎます・・・。凍っています。朝ランしてもいつもなら1キロくらいから出る汗も、この寒さで3キロ走ってもしっとりとするくらいです。冷たい空気が鼻の奥を刺激して、つーんと痛いし、耳はしびれて感覚なし。寒いよ~。

今日は目黒の当団体の東京事務局へ出勤です。寒くて、寒くて、「いやだ~」っと思いながらの出勤ですが、目黒の駅から事務局へ向かう途中、ふと前方を見るとちっちゃな富士山!澄みきった空気で真っ青な空と真っ白になった富士山のコントラストはドキッとするくらい、とってもきれいでした。(写真は、かなりちびっこ富士山ですけど)
f0235252_14233662.jpg

富士山ってなんだか力をくれますよね。寒くて固まっていた気持ちも「よっしゃ!今日も張り切って頑張るか!」という気分になりました。学校に通っている間に滞っていたメールの対応も一気にこなせました。今日は富士山に感謝です。ふふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-27 14:27 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

ホワイト クリスマス!

今日も学校でした。そして、すっかり暗くなった外へ出て見ると、雪!! 「ホワイト クリスマス!005.gif」と思わず、独り言。ロマンチックなはずなのにな~。016.gif 私にはただ寒いだけでした。003.gif 写真を撮りたかったのですが、私の簡単デジカメでは到底無理。残念。でも、とってもきれいでした。

そして、降ってくる雪を見ていたら、今年の”色々”が思い出されてきました。自然って不思議な力を持っていますよね。そして、「今年も色々あったけど、満足・・・」と実感。

自然に癒され、後押しされて今年も暮れて行きます。・・・なんて、もうお終いみたいなこと言ってしまいましたが、まだまだ学校もお仕事も終わって無かった!頑張ります!!!066.gif
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-26 00:42 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

日本の12月はイベントがたくさんですね。みなさんボーナスももらって、思わずワクワク~。この年末独特の雰囲気は久しぶりだな。

22日は冬至でした。冬至にはゆず湯にかぼちゃ。私も久しぶりにゆず湯で、ぽがぽか。日本に来て凍っていたので、ジンワリと解凍されました~。ちなみにこのゆずは実家の庭からの収穫です。・・・そして、ゆず湯初体験のちび助も「なんだこれ?」と覗き込み、ゆずの香りを楽しんでいました。
f0235252_934068.jpg

そして、23日から私は学校が始まりました。みなさん、お楽しみの時にいそいそと通学。そして、学校が終わって走って、走って到着したのがアンコール小児病院のために開催してくれたチャリティーイベント。六本木ヒルズの傍・・・なんて私には不似合いな場所へ到着して直ぐに“寄付”をいただきました~!「池上さん!いつもありがとうございます!」 池上さんはアンコール小児病院へいらして、昨年より年末にこのチャリティー イベントを開催して寄付を募ってくれているのです。また来年もよろしくお願いします!
f0235252_950592.jpg

昨日はクリスマス イブでした。学校の帰りの電車の中はカップルでいっぱい!私も少しくらいはクリスマスの雰囲気を感じたいわ~と母には小さなケーキ、私にはワインを買っちゃいました。ふふ。
f0235252_9591636.jpg

f0235252_9593171.jpg

私はまだ学校があるけど、ほんの束の間のクリスマス気分。

さ~て、あと2日の通学、がんばるぞ!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-25 10:01 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

日本でのお仕事

17日から日本へ来ています。寒くて凍ってしまいました。やっと、少し解凍されお仕事。昨日はカンボジアへ研修旅行に来てくれた下関の看護学生さんの授業に参加してきました。カンボジア研修のまとめをグループにわかれて発表です。みんなスーツを着て、凛々しい!ちょっとリラックスしたところを1枚いただきました!いい笑顔ですよね。満足した顔。
f0235252_1734246.jpg

私が学生のころに比べると、素晴らしい!「私にはこんなことできなかったな~」と思いながら発表を聞いていました。そして、発表の後に”五感を鍛えよう!”グループワークをしてもらいました。とっても活発な学生さんたちでしたので、「もっと時間があったらな・・」と思うほどでした。時には、し~んとして、何の反応もない学生さん達を相手にすることもあります。そんな時にはちょっと寂しくなりますが、昨日は、「今の若いもんも捨てたもんじゃないよ!」っていう気分になれました。もうすっかり学生さんのお母さんよりも年とっていますが、自分の子どものように可愛く感じました。
f0235252_17344788.jpg

こうして、病院の訪問後にフォローアップ出来たことは、私にとってもプラスでした。院内での説明で伝わりにくい事や、言葉の使い方を振り返り、またきちんと伝わっていなかったことに対して補足もできます。せっかくの情報ですから、正確に伝えたいですものね。

最後に集合写真!私も入っちゃいました~。カンボジアに来た2期生さんと引率や夜中まで頑張って生徒指導してくださった先生です。またこの続きができたらな~と思うくらい良い1日をありがとう!凍っていた体もすっかり解凍されました。
f0235252_17363386.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-22 17:39 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

久々のファーム・・新顔

日曜日に久々にファームへ行ってきました。なんだかちょっと見ない間にいろんな新顔さんがいて、わくわく!

まずは、お隣からお散歩に来ていた子ブタさん。後ろにワンコが一緒にいるところが、なかなかいい感じ。「みんな仲良し!」って言っているみたいです。人間もこうしてお互いの存在を”いるのが当然”っていう存在にみんながなったら、戦争なんて起きないのにな・・・と思いながら、豚さんをなでなでしていました。
f0235252_0581788.jpg


そして、雨季も終わり、ソクチアのお母さんが色々なものを植え始めていました。香草色々とパイナップル!これまた楽しみですね~。香草大好きな私にはたまりません!そして、2枚目の写真がパイナップルなのですが、まだ、ただの葉っぱにしか見えないですよね。大きくなって甘~くなるまで、じっと我慢の子です。
f0235252_104432.jpg

f0235252_113436.jpg


お次は、動物大好きなソクチアが子ワンコをもらって来ていました~。あらら~。そして、更にファームにいる女子ワンコ2名はお腹が大きいよ~。大変だ~。扶養家族が増える!!!・・ん??ソクチアがなんだか大人びて来てるな~って感じました。みなさん、どうですか?
f0235252_152593.jpg


最後は大御所、にゃん子先生。かなり“むっ”っとしているように見えますが、これはご機嫌なお顔なのです。
f0235252_17522.jpg

明日の夕方日本へ発ちます。またしばらくファーム報告はできませんが、日本から発信いたしま~す!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-16 01:10 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

目指すものは・・

訪問看護へ行くと子どもたちの生活環境を詳細に把握できます。それが、訪問看護の重要な目的の一つです。

Kちゃんの家へ訪問看護でした。Kちゃんはお薬をきちんと飲まないといけません。そのためには、家族の協力は必須です。既に12歳のKちゃんなので、自分でお薬を飲むことはできますが、生活環境というのも大事な要素です。薬だけ飲めればいいというものではありませんよね。毎日楽しく過ごせる環境が成長過程にはとても重要です。

Kちゃんの脇には酔っ払った近所のオジサンがハンモックでグースカ寝ていました。お父さんも「今日はちょっとしか飲んでないよ」とぷんぷんに酒臭い。家の中を見回すと食べ残しのご飯が腐って虫がたかっていましたし、まな板は魚のうろこがこびりついたまま。いつからこのままなのかしら・・・と思うほど。生活が“すさんでいる”と誰が見ても思うでしょうね。これも貧困サイクルに嵌り込んでしまった典型かな。 働く場所がないー収入がないーやけになるー嫌なことを忘れたいー酒ーさらに収入のチャンスを失うー収入源・・・子どもたちはこの環境の中で育ちますから、それが当然となり、自分も同じような人生を歩むことになる。
f0235252_22472475.jpg

f0235252_22482768.jpg

Kちゃんをこの家族から連れ出してKちゃんの命だけを守ることは簡単。そうするべきだと言う人もいるんです。Kちゃんのケースに限らず、もちろん、そうせざるを得ない場合もあります。・・・でも、このKちゃんの場合は、まだ家族が変われる余地があると感じるんです。

Kちゃんだけどこかへ行って、その家族は取り残され、何も状況は変わらない。残された家族もそこで育った子どもも、その貧困サイクルから脱するチャンスに出会うことは無いに等しいでしょう。KちゃんがAHCに関わることによって、Kちゃんもその家族も一緒に貧困のサイクルから脱することができたら、それがベストだと思ってきました。私がここで目指してきたものは、こういう形のアプローチ。。こういうアプローチがベストだとずっと信じてきました。しかし、そうでないと言う人もいる・・・。

散々考えましたが、やっぱりこのか細いKちゃんが家族と一緒に貧困サイクルから脱出できるようにしたいな。Kちゃんもこの家族の中に自分の存在を感じています。
f0235252_23453883.jpg

こんなに小さくても家族の中で役割を持っています。こうしてお水を運ぶこともその一つ。みんなが支え合って生きています。こうして家族の結びつきがあるのだと思います。
f0235252_005994.jpg

AHCへ来た子どもがきっかけとなり、その家族みんなの生活を変えることができる。これがカンボジアでの医療の目指すものなんじゃないのかな・・・。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-12 00:09 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

イラクの市場ーその1

久しぶりのイラク報告続報です。その国を知るには人々の生活を拝見するのが一番なのですが、今回の滞在は短く、そこまで到達せず・・・でしたが、お昼休みを使って市場へ行ってみました。駆け足で回った市場の様子。なんとなく雰囲気が伝わるといいのだけど・・。

まず目に入ったのがたくさんのナッツが並ぶお店です。クルミやピスタチオ、カシューナッツなどたくさんの種類があり、みんな買いたくなってしまうほどでした。
f0235252_20425821.jpg

そして、思わず、「わ~!懐かしい!!これ!」と言ってしまった。この年代物のミシン。”カタコトカタコト”という音が聞えて来そうな気がして気持ちがホッとしました。
f0235252_20454459.jpg

更に進むと、いい香り~。なんだ???と臭いにつられて行くとスパイス屋さんでした。色とりどりで、とってもきれい。このスパイスの香りだけでもアロマ効果がありそうでした。
f0235252_20485220.jpg

そして、「こりゃ、なんだ??」と立ち止ったのが、羊の毛屋さん??こんな風にして売っているんですね。でも、どうやって買うのかしら?「羊の毛1キロ」とか言うのかな???今度聞いてみましょう。でも、暖かそうで、寒さに弱い私は思わず買ってそのままかぶってしまいたいくらいでした。ふふ
f0235252_20514763.jpg

少しだけイラクの人々の生活を垣間見ることができたかな。けど、もっと知りたいな~。日本、カンボジア、イラクと全く違うと感じる文化ですが、なんとなく似たところもあるような気もしてきました。市場の人たちがみんなとても優しかったのが、忙しい毎日のストレスをスル~ッと取り去ってくれました。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-10 20:57 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

つい1ヶ月前に訪問したアフリカ、ケニアのスラムが全壊したと連絡が入りました。「え?なんで!!」というのが第一声でした。答えは「政府の土地だからだそうです。」と聞いて、尚更疑問です。彼らのあの土地での生活は今に始まったことではないことは、私でも分かります。それなのに・・・なぜ今???

友人が働くプロジェクトを訪問した時に、そのプロジェクトではスラム街への支援も行っており、スタッフに同行させていただくことができました。
f0235252_022899.jpg

私がカンボジアで訪問看護に行くスラムでは、酒、ドラッグびたり、要求はするけど、自分たちで動こうとしない人たちをたくさん見てきました。すさんだ印象があったんです。(もちろん、そうでない人もたくさんいますよ!) 
しかし、そのケニアのスラムでは、”コミュニティー力”を感じました。スラムの中には幼稚園、学校も作られ、家族は子どもの教育にとても関心をもっていて、子どもの学費だけでも・・と必死に働いている印象でした。そんな人たちの支えになるように、デイケアセンターもあり、各家族が交代で子どもの世話をすることで仕事へ行くことができるようなシステム。凄いです!学校での子どもたちは生き生きとしていて、学ぶことに一生懸命でしたし、楽しんでいました。
f0235252_032985.jpg

f0235252_045865.jpg

もちろん、充分な収入は無いし、汚水が滞っていたり、きれいな水を手に入れにくいなど、他のスラムと同様なところはたくさんありますが、その中で、サバイバルだけでない確固としたものが感じとられ、躍動感を実感しました。
f0235252_074037.jpg

そんなスラムが全壊だなんて・・・かなり疑問の残るところです。友人にその後の経過を聞きたいと思います。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-09 00:14 | Comments(0)

少々早い忘年会

今日は訪問看護部で忘年会。日頃、私にかなり痛めつけられているスタッフへの労をねぎらい、ご招待しました。ローカルのカンボジア鍋のお店で開催です。美味しいんですよ~!野菜もたくさん、シーフードもたくさんで、体にもいいです。写真はごちゃごちゃに見えますが・・・。
f0235252_2337247.jpg

カンボジアのお正月は4月なので、この時期、彼らにとっては“普通”の日々なのですが、やっぱり、12月は1年の締めくくり・・という私の気分と12月1日は世界エイズデーでもあったので、エイズに関わる仕事をしている私達にとっては大切な日なので、本当は1日に・・と思ったのですが、スタッフが全員揃わず、本日となりました。思った以上にみんながすごくサバ~イ(カンボジア語でhappyです。)!いや、サバ~イ、サバ~イ、サバ~イくらいでした。お腹の底から大笑いの連続。
f0235252_23402661.jpg

そして、楽しそうな彼らを見て、「よかった、よかった」と自分が親目線になってる!と気付きました。
そのせいか、クロスドリンキングで盛り上がる彼らを見て、「あら!あんたたち!こんなのどこで覚えたの!!」と、つい言ってしまいました。ははは。・・・実は私もやらされたんですけどねぇ。
f0235252_2343152.jpg

明日、みんなお仕事に来られるかしら~・・とちょっと心配。ま、でも若いので解毒も早いことでしょう。明日は、今日の話でまた盛り上がりそうです。”お仕事は楽しく”ですね~。楽しんでくれて良かった~!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-07 23:51 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

10キロ完走!

一昨日は、待ちに待ったアンコール ハーフマラソンでした。私は10キロにエントリー。この1年、楽しみに待っていたんです。

運動が大好きですが、2008年に体調を壊してから体力が付かず、思いっきり運動ができずにいました。そして昨年、急に思い立ってこのアンコールマラソンの3キロにいきなり出ちゃいました。そして、完走したことに大満足し、「来年は10キロよ!」と宣言してしまったので、やらなくちゃ~と時間のある時にはせっせと走っていました。イラクに行った時にも敷地内なら大丈夫と小さなサークルをグルグル回って走りました。001.gif

アンコールワットの遺跡の中を走るのですが、スタートはアンコールワットの前。
まだ真っ暗な時に到着し、段々ときれいな朝焼けが参加者を迎えてくれました。神秘的・・・
f0235252_22562863.jpg


そして6時40分に10キロランナーがスタート!
いや~、ものすごい人に押されて、走れたもんじゃなかったけど、段々とバラけて普段通りに走れるようになったのは、1キロも過ぎてからでした。いつものように音楽を聞きながらのラン。あの日はゆったりと走りたい気分で“竹内まりあ”にしました。(サザンにしようか・・ザンビア ゴスペルにしようか・・・とかなり悩んだ結果なのです・・・)

走っている時に鼻水が止まりませんでね・・・。そういう時には、手鼻なんですね、ランナーって。(私だけ?)・・で、いつものように竹内まりあのいい音楽を聞きながら、手鼻を”シュッ”っとしたんです。音楽に気が向いていて、横に他の人がいることに全く気が付かず・・・私の鼻から発射した鼻水は、その人の足に・・・。008.gif それが、1度だけじゃない! その度に「あ!ごめんなさい!!」とちゃんと謝りましたが、相手も「いいよ~!」ってな感じで、「きっとこの人も同じ経験しているんだろうな~」なんて思いながら走ってました。ふふ。

そして、完走!初10キロです。1時間3分。初めてにしては、ま~ま~ですよね。自分が満足すればいいのです!そして、参加スタッフの中では院内最高齢でも、その中では1番でした!!やっほ~!あとから入ってきた病院スタッフとメダルを掲げてハイ、ポーズ!
f0235252_231017100.jpg


年寄りだなんて言わせませんよ。まだまだ行けますね。来年は10キロで記録更新か、21キロ行きたくなりますよね。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2011-12-06 23:16 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)