思い切って休暇!

今日は思い切って休暇!先週の土曜日に「ふわふわ~」っとしてしまったので、たまには体の声を聞いてあげることにしました。この後のスケジュールを考えると今日しかなかったので、昨日、「明日、休む・・・んだけど・・・」って、もじもじ。012.gifはは。

お休みと決めたら、なんとなく気分に余裕も出て、今朝は、ほんのりとした桃色の朝焼けを見ながら朝エアロ。それでも、午前中は自宅でお仕事でしたが、午後からは「PCから離れる!」と市場でおやつ買って、勉強道具を持ってファームへ行きました。058.gif

到着すると、ソクチアと近所の子達も集まって”ゴム段”。なつかし~。昔、私もやったよな~。今はあんなに足が上がらないよな。
f0235252_23502732.jpg

ソクチアママの手料理もたらふく食べた!なんと、なめこのスープです!カンボジアに来て初めてなめこを見たよ!!!市場には売ってないんですよ。日本のなめこに比べるとずっと大きくて、ちょっと色白、すっごく美味しくて、山盛りご飯も一気に平らげた・・・と「005.gifあ!写真撮らないで全部食べちゃった!」と
気がつき・・・008.gif、ブログでお見せしたかった。ごめんなさい。

そして、畑を”ちょいチェック”して、雑草抜いて、枯れた葉っぱを取って、一汗流しました。気持ちいいな。
畑のあとは、自然の中で集中!ハンモックを吊って、お勉強開始。はかどるわ~。049.gif

ものすごいスコール057.gif057.gifと雷で半分ぬれながらも、自然の中にいるといい気持ち。

あと2日くらいこんな日が欲しくなってしまいました。011.gif

そして、ここで悲しいお知らせ。
ブログでもおなじみだった「ニャン子先生」がいなくなってしまいました。いつか帰ってくると信じて今日まで待ちましたが、1ヶ月経っても帰ってこない。どこ行っちゃったんだろう。007.gif
こんなに癒してくれるお顔で・・。
f0235252_23574059.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-31 00:00 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

以前のブログでダブルSちゃんのお話をしました。大きいSちゃんと小さいSちゃん。今日はその後・・のお知らせです。

まず大きいSちゃん。色々とありました。ファームからも逃げ出し、建築現場で働き、その収入は髪飾りやお洋服に・・そして、居所も定まらず、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。新しい彼を次々と作っては、飽きちゃう。(ちょっとうらやましい・・011.gif) そして、2ヵ月半前には「結婚した」と言って、年配の男性と一緒の生活を始めていました。 人との信頼関係が築けない”何か”が、幼少の時にあったんだと思うんです。でも、その傷をどうすれば癒すことが出来るのか・・・とにかく、連絡だけはつくようにして様子を見るしかありませんでした。
そして、先週、ふとまた病院へやってきました。、これまでも、行き詰ると病院へ来るというパターンだったので、「あ、また何かあったかな??」と思いましたが、問い詰めることは、虐待も同然と「あ、元気にしてた?」程度の会話にとどめていました。そして、しばらくすると、「お話ししたいことがある」と、自ら私の方をトントン。「お!珍しい!」005.gif 個室へ入って事情を聴くと「夫と別れた。」と、きっぱりと話してくれました。この話し方も珍しい。いつもは黙ってしまったり、もじもじとしてはっきりと話さないSちゃんだったので、「何か違うな・・」と感じました。何も持たず、とにかく身一つで出て来たといいます。その旦那さん、他に2人も奥さんがいて、行ったり来たり。Sちゃんに暴力を振るったり、殴って殺した猫を「料理しろ!」とSちゃんに強要したり、辛かったんだろうなと思います。
いつもと違うSちゃんを「ここで何とかしなくちゃ元に戻っちゃう!」と思い、急いで以前から相談に乗ってもらっていた女性のための施設を持つ団体へコンタクトし、インタビュー、評価が行われ、昨日からその施設へ入所しています。私が土曜日に体調を崩した時に、ずっと足を擦っていてくれた大きいSちゃん。心の傷が生きることの邪魔をしているんだなと思うんです。その傷を少しずつ時間をかけて癒さないと、先がなくなってしまうもんね。今度は頑張ってくれるといいんだけど。045.gif

そして、小さいSちゃん。今もファームでソクチアママと一緒に暮らしています。う~ん、これからどこか他の場所へ・・なんて、もう無理だと思うんだけど・・・。ソクチアママのことも私のことも「マ!」って呼ぶんですよ。ははは。かわいいったらないです。ワンコ、ニャン子が大好きで、いつもベロベロになめくりまわられて、喜んでる。049.gif 
栄養失調の影響でがさがさの髪の毛もツヤツヤになり、こんなに歩けるようになったんですよ~!!066.gif
f0235252_2035654.jpg

そして、これがSちゃんお気に入りのワンコ プリンちゃんです。女の子よ~!
f0235252_2044186.jpg

小さいSちゃん、ずっと一緒にいられたらいいのにな・・・。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-29 20:08 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

やる気ちゃ~ん!

もう5月も終わりです。やばい~! 先月から始まっている学校の課題が進んでいません。008.gif やる気がどっかへ行ってしまった。私の”やる気ちゃん”を探しに行かなくちゃ!!039.gif 

今思えば・・あの2月の学期末最後の追い込みはすごかったのにな~。066.gif あの”やる気ちゃん”をもう一度呼んで来なくちゃ。いつもいつもギリギリで通り抜けて来た習性が、どうしても治りません。病気だわ・・。この習性を治す薬が欲しい!

今日は以前このブログで書いたダブルSちゃんのお話を書こうと張り切っていたけど、今日はちょっと諦めてやる気ちゃん探しに教科書を開きます。045.gif

今晩中に”やる気ちゃん”を探し出しますね~!040.gif そして、明日こそダブルSちゃんのその後をお知らせいたします。絶対に!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-28 23:01 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

おばあちゃんが・・・

先日このブログ上で川沿いの長屋が一掃されてしまいました・・とお伝えしました。そして、訪問看護に行っていた子のおばあちゃんを最近見かけていたので、かなり気になっていました。

そして、今日、いつも行く市場の近くでおばあちゃんに遭遇!お客さんを待たせていたのですが、やっぱり気になってお話しました。

ここから私とおばあちゃんの一問一答。
私(わ): 「遠くに引っ越したんじゃなかったの?今どこに住んでるの?」
おばあちゃん(ば): 「引っ越したけど、あそこでは収入がないよ。だからこうしてごみ(ペットボトルやアルミ缶)を拾って集めてる。1キロ1800リエルだよ。1日3キロがせいぜいだ。」
わ: 「毎日どこで寝てるの?家はあるの?一人なの?家族は?」
ば: 「家はないよ。そこらの家の前に夜は寝かせてもらってる。知り合いと2人でそうしてるよ。」
わ: 「あの子たち(訪問看護で診ていた子)は?お母さん(叔母さん)はあっちの村にいるの?収入はどうなってる?おばあちゃんも村でいた方が楽じゃないの?」
ば: 「あの子たちはみんなあっちへ行って、ここにいたときと同じにアヒルを捌いて収入を得てる。でも、それを街まで持ってこなければならないからね・・・。10羽捌いて5000リエル。交通費に10000リエルかかるから、私があそこで生活は出来ないよ。私はアヒルを捌くことができないし、あそこにいられないんだよ。」
わ: 「体調はどうなの?何か問題はない?」
ば: 「今は大丈夫、問題ないよ。」
f0235252_23182919.jpg

ふ~ん。このおばあちゃん75歳です。他人の家の前に場所を借りて暮らしていることは、かなりのストレスですよ。持っていたのは毛布らしきものが1枚だけだし、雨季のスコールが夜間に来ることもある。大丈夫かな???ってかなりお節介になります。でも、本人が「大丈夫」と言っているのだから、しばらく様子を見ることにしました。助け合い精神たっぷりのカンボジアなので、ちょっとは安心ですけど。

「何かサポートが必要なら一人で何かするんじゃなくて誰かに必ず相談してよ!私はほぼ毎日この辺をこの時間に通るから、何かあったら私を探してよね。」と話して別れました。「今は大丈夫」というおばあちゃんの言葉を今は信用するしかないけど、気になるな~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-27 23:23 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

ふわふわ~っと

昨日は朝から訪問看護へ行く予定でした。オフィスで「今日はどこだっけ?誰のところ??」などとスタッフと話しながら、なんとなく足元がふわふわ~っとするな039.gif・・と思いつつ、でも気にもせず・・・が、005.gif話している途中からぐわ~~~と頭が後ろから引っ張られている・・・・・。スタッフがぎゅっと手を掴んでくれたので、怪我もなく済みましたが、危なかったね~。042.gif

ドクターとナースの集団ですからね、あっという間に血圧、血糖値が測られ、職員用の医務室へ運ばれてしまいました。迅速な救急処置、判断に「うん、うん、なかなか成長したもんだ・・」なんて頭の後ろの方で考えていました。049.gif

その後意識を失ったように3時間、爆睡014.gif 隣の高校の学生さんだと思われる女の子の「キャッキャ」言う声で目が覚めたら、身体には”コイニング”の後が・・。確かに、コイニングしてあげると言われ、「お願い、これ好きなんだよね」といった記憶が甦り・・・。ベッドの横にはおかゆやらお茶、果物やら点滴・・などいっぱい並んでいました。001.gif

そして、仕事の合間にカンボジア人スタッフが次々と様子を見に来てくれて、マッサージをしてくれたり、更に食べ物も一杯。カンボジアで独り者が病気になることはとってもかわいそうなことなんです。私はコイニングをされている最中に「大丈夫、にゃんこもワンコもいるからね」としきりに言っていたそうで・・・003.gif みんなが「猫や犬はマッサージしてくれたりご飯作ってくれたりしないでしょ?だから、心配なのよ」と何度も言われてしまいました。037.gif あの小さな部屋に10人以上も集まって、「点滴してから帰って!」と何度も言われましたが、断固拒否(嫌な患者ですよね~)しました。・・・でも、すっごく嬉しかったです。いつ何があっても大丈夫だわって実感。ワンコ、ニャン子だけじゃないわ~ってね。ふふ。

3時間の爆睡におかゆで、すっかり元気。極度の寝不足がたたっていたようです。皆さんも寝不足にはしっかり寝ましょうね!特に私たちのお年頃の皆さん!038.gif
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-27 12:53 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

訪問看護から卒業

訪問看護の最終ゴールは、「自立した生活と健康管理」です。一生私たちが通い詰めることは現実的ではないですものね。ですから、自立の時が訪問看護からの卒業の時です。ただ、卒業も慎重に慎重にしています。「もうそろそろ大丈夫だな」とスタッフがアセスメントした時に、一度仮卒業としてストップ、3ヵ月後に再度訪問し、以前と同じ自立した状況であったら、本卒業としています。実は、これは訪問看護を始めた当初のにが~い経験からの知恵なのです。026.gif

それは、産まれたばかりの赤ちゃんが、親戚に預けられお母さんが蒸発してしまったケースでした。その親戚の家族に育てる意思は満々あったのですが、粉ミルクの使い方を知りませんでした。そこで、こまめに通って、粉ミルクの作り方、与え方、哺乳瓶の保管の仕方、衛生などなどたくさんのことを習慣づけてもらえるようにしました。そして、半年経ち、家族もすっかり自信が付きましたし、赤ちゃんも順調に成長しているので、「大成功!」と離乳食の開始の説明をして訪問看護から卒業としました。・・・が、その半年後、その赤ちゃんが栄養失調で戻ってきちゃった・・・。008.gif 離乳食の開始の話はしたけれど、実際に離乳食を与えることが出来ているかを確認せずに卒業にしてしまったことに大きなミスがあったのです。

写真のSちゃんも3ヶ月前に仮卒業しました。そして、いよいよ本卒業なるか・・という訪問でした。中には「逆戻りしてる・・」という状況に、定期的な訪問看護の再開をしなければならず、がっくり・・ということもあるので、こちらも緊張します。
Sちゃんは、大丈夫だった!良かった~。そして、最後のお勉強です。時計の読み方の復習です。電卓を使って「数字が読めるかな?」「自分のお薬を飲む時間はどの数字?」と何度も確認です。そして卒業記念にお薬の時間5分前にアラームをセットした腕時計のプレゼントです。
f0235252_0104733.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-27 00:16 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

今日の訪問看護

カンボジアモードに戻ったところで、早速訪問看護です。本当は、デスク上のお仕事が一杯溜まっているのだけど・・・、やっぱり行っちゃいました。
今日は、ふか~く穴を掘って井戸を作ったご家庭です。以前にもお話したかと思いますが、お水のある生活って、潤いを与えてくれるんだな・・と実感です。私たちが着いて間もなく、お父さんが食材を調達して戻ってきました。こんなにたくさん!詳細の栄養素が分からないけど026.gif、取り合えずたんぱく質がゲットできましたね!美味しそうです。066.gif
f0235252_23162327.jpg

これは、タガメ。フライにするって!これも美味しい!命をいただき、命をつなぐ・・・。一つの命をいただくんですものね、大切にいただかないといけないですよね。
f0235252_23174240.jpg

食材確保にみんなドロドロです。早速、井戸を使って水浴びです!お母さんは、子どもを洗うのが楽しいって言ってました。これが今まで出来なかったんだな・・・と思うと、笑顔も出なくなるだろうなとしみじみ思いました。
f0235252_23183758.jpg

f0235252_23191828.jpg

今日もカンボジアから学びました。やっぱり私にはデスクワークは向きません。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-24 23:23 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

私、本当に昨日まで日本でしたっけ?? いや~、病院へ行った途端にアクセル全開で「ギアチェンジ・・」なんていっている間もなく、クラッチも踏まずにギアチェンジしちゃいました。カンボジアモードです。1日中黙っている時がなかったな・・と、やっと今、一息ついて思いました。カンボジアモードになったら、「あ、そうだ!この件はどうなったっけ?」「あ、これは??」とこちらを発つ前の記憶が次々と甦り、右往左往の1日した。

そして、「あ、そういえば・・あの紐でくくられ、その紐が解けかかっていた階段は、どうなってた?」と仕事中にふと思い出し、帰ってから早速チェック!

あら~!紐がなくなってる!!本当に、ただ立てかけてあるだけ~~~~!今朝まで慌しくすっかり忘れていて、すいすいと上っていた階段ですが、急におどおど・・になりました。丁度大家さんがいたので、たずねると「もう大丈夫。」って。「何が大丈夫なの???025.gif」ですよね?こんな会話もカンボジアですねぇ。001.gif
f0235252_23172186.jpg

そして、大家さんのお子ちゃまたちが「見て見て!自然に出てきたスイカがあるんだよ~!」って手を引かれていくと、あらま!いつの間にやら庭にスイカが出来ていました。誰が植えたわけでもないのに出てきたそうです。自然の力ってすごいですよね。これもやっぱりカンボジアだ。049.gifちょっと緊張気味のお子ちゃまたちとちっちゃなスイカのコントラストがいい感じ。
f0235252_23183867.jpg

さて、すっかりカンボジアモードになったところで、勉強モードへもギアを入れなくちゃ!このギアがなかなか入りにくい。021.gif
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-23 23:21 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

ギアチェンジ!

ホーチミンでの乗り継ぎを無事に終えて、日本時間の19時には我が家へ到着していました。機内から始めたカンボジアモードへのギアチェンジも、シェムリアップの空港に着いて入国審査のおじちゃんと「おかえり~!今回は長かったね~。」「そうなの。色々大変なこともあったのよ・・」という会話と、いきなりのスコールのお出迎えで促進されました。

そして、我が家に到着後は、買出しです。はい、もちろんバイクをすっ飛ばしてローカル市場へ。「これいくら?これだけ買うから安くして!」という交渉をしながらのお買い物。「あら~!j久しぶり!どこ行ってたの!うちの野菜が売れないじゃないの~!!」というおばちゃん会話をして、パパイヤサラダも購入し、大家さん宅の夕飯の香りが漂う我が家で、ニャン子、ワンコに囲まれ、そして、異常に発生している蚊の猛襲を受け、「キンカン!キンカン!」と塗りたくり、日本との気温差は20度はあるだろうな~と思いながら、汗だくになり・・・そして、今、カエルがケロケロと鳴いている。はぁ~、帰ってきた。

今日のカンボジア上空はこんなでした。緑としっとりとした感じが雨季ですね。
f0235252_23375196.jpg

そして、我が家にいるな~と実感させられる、このお姿・・・。
f0235252_23383346.jpg

かなりギアチェンジ完了に近いですが、明日病院へ行って子どもたちに会ったら、最後のギアチェンジ完了です。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-22 23:41 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

ホーチミンで・・

先ほどホーチミンに着き、乗り継ぎ待ちです。先週のこの乗り継ぎの時の記憶が、体全体によみがえってきてしまいました。今日もいつもより早く到着したので、「やだな・・また何かあったらどうしよう・・」と、おそるおそる、でも、気持ちは焦りながらメールチェックでした。

良かった・・・山のようなメールは入っていたけど、この間のようなショッキングなものはなく、今ホッとしています。ただ、あの時の感覚がよみがり、今日に至るまでの出来事が頭の中を駆け巡っています。

この待ち時間にギアチェンジしてカンボジアモードに入れ替えなくちゃ。病院にも仕事がいっぱい溜まってる。

しばらくはホーチミンの乗り継ぎのたびにあの感覚を思い出すのでしょうね。

明日からまたカンボジア活動報告、頑張ります!・・・そろそろ雨季になってるかな。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2012-05-22 16:48 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)