ラオスの医療事情のご報告が遅くなってしまいました。先週はラオスで、聞き取り調査。地域医療をつかさどる医療施設を4件2日間に分けて訪問しました。こじんまりとした建物はカンボジアのヘルスセンターととてもよく似ています。
f0235252_19242879.jpg

ラオス語がまだわからない私はじーっと聞き耳を立て、表情を観察し、そして、記録表に記載されていることを穴が空くほど見つめていました。言葉の壁は大きい・・。008.gif 早く覚えなくちゃ。
f0235252_19322381.jpg

言葉がなくてもわんこならこんなに分かり合えるんだけどな~。
f0235252_19362889.jpg

あ、話がそれてしまいました!元へもどしましょう。
医療施設で働くスタッフは比較的若い方が多く、やる気がある人もたくさんいました。ただ、やる気を発揮するための環境が整っていないというのがあるのかも。院内感染予防対策のために政府が用意した医療危険物処理の箱が支給され、きちんと使っている施設も多くあるのですが、その処理をすることができない。いっぱいになった箱は、お部屋の隅に・・・。そのシステムがまた整っていないのですね。また徹底していないので、何となく1か所に捨ててる…感じになっている。実際に働いている彼らの責任ではない気がしました。
f0235252_19325011.jpg

f0235252_19332159.jpg

ある施設では研修で習ったばかりのマラリア検査を実施していました。新しいことを提供することは彼らの喜びでもあるようです。
f0235252_19345633.jpg

そして、とてもいいな~と思ったのが、ソーラーシステム。すべての施設ではないですが、このようにソーラーがあるところもいくつかあり、自然を大切にすることが根付いているような印象です。
f0235252_19353178.jpg

既に根付いている良い習慣もたくさんある! そこへエッセンスを加えたらきっともっと人にも環境にもやさしい医療が出来上がるんじゃないかな~って、実感しました。明日からまたラオス! 頑張ってきます!066.gif
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-27 19:38 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

ラオスの医療事情の前に、昨日の旬な話題をまず一つ。

2000年から毎年、カンボジアでのヘアーカットボランティアをしてくださっている"Hair Without A Border"の皆さんが今年も上陸です!! 小児病院、孤児院、学校などを回って、炎天下に切りまくり~の数日間をこなすタフな皆さん。毎年少しずつメンバーは違いますが、固定している方もいらっしゃり、私もお会いするのが楽しみです。

今年は、私のファームのある村へもいらしていただきました~!038.gif カシューナッツの木の下にプラスチック椅子をならべ、次々に来る村人たちのための即席青空美容室はこんな感じです。
f0235252_23144231.jpg

数か月前から思いっきり楽しみにしていたソクチアとソクチアママが客さん一番乗りです。カットの間は、じーっと固まって目だけキョロキョロ。可愛かったです。037.gif
f0235252_23151268.jpg

2人そろって、新しいヘアースタイルに満足!・・・が、実はソクチアママは、この後じーっとヘアーボランティアさんの髪型を観察し、その中の一人のスタイルが気に入ってしまったようで「この人みたいにもっと切ってください」と、2度切りでした。はは。

そして、私は、じーっと見ていたら自分が切りたくなってしまい・・・。な~んと初バリカンを体験!この2名(ぢゃが君、こばちゃん)、私の作品!! ボランティアの皆さんに「かずみさ~ん!なかなかうまいわ~」と言われ、いい調子でウィ~ンと唸るバリカンをガンガンと入れてしまいました。きもちい~!癖になる!でも、2人とも男前になったと思うんですよねぇ。ふふふ。 
f0235252_23155216.jpg

f0235252_23162767.jpg

あまりに私がバリカンを手放さないので、「これ置いていきます。」って、バリカンゲット~~~!049.gif ぢゃが君、こばちゃん、今後は、毎月私の”いけにえ”ですわよ。006.gif 

お昼にはBBQをみんなでたらふく食べ、デザートには、マンゴスチンと旬も終わりに近づいているマンゴーをみなさんに御馳走しました!

ボランティアの皆さん、炎天下の中ご苦労様でした。また来年もよろしくお願いいたします!来年は、私が美容室を開いているかもよ~。066.gif
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-23 23:24 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

雲の上で

今回のラオスは、前回同様に村の医療施設への事前調査でした。こんなガタガタ山道をひたすら走る、走る。
f0235252_1523870.jpg

2日かけて4件の聞き取り調査ですが、遠距離ので途中で1泊を医療施設内でしながらの旅でした。電気もお湯もない村にある医療施設でしたが、快適過ぎて申し訳ないくらい。「こんなところに住みたいわ~」って言ったら、同行したラオス人が「家賃安いわよ!」って。ふふ037.gif  これが当日の私の寝床です。
f0235252_1541611.jpg

夕食は、その医療施設のスタッフがアヒルと姫筍のスープを作ってくれました。もち米と一緒にたらふくいただきました~!アヒルさんは…ついさっきまで私が「ま~、かわいい!」って言っていたアヒちゃんだった・・・025.gif「いただきます。」と心を込めてつぶやきながら、いただきました。スタッフの皆さん、アヒルさん、ありがとう。
f0235252_1532015.jpg

日没になるともちろん真っ暗です。20時にみんな「就寝!」って、みんなが寝床へ入り私も一緒に寝る準備。お子様みたいなタイムスケジュールでしたが、たまにはそれも良しですね。 私が宿泊したお部屋から見える反対側の山肌に位置する集落(写真)では、ろうそくや懐中電灯の光が、イルミネーションのように動いているんです。素敵でした。
f0235252_1535684.jpg

夜中に聞こえるのは虫や風、雷の音だけ。真っ暗な中で、自然の音だけに包まれ、心地の良い睡眠でした。
そして朝、目が覚めたら、「あらま~!雲の上に私はいたのね~」って、思わず言ってしまったこの景色。
f0235252_154352.jpg

雲の上でのお仕事で、充電でした。次回はその医療施設での現状をお知らせいたします。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-23 01:59 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

母の日に上陸

今回の日本上陸はタイミングよく(悪く?ふふ)母の日でした。この最近は母の日に日本にいたことがなかったので、久しぶりに古典的母の日をしてみました。そう!カーネーションです。
近所で同級生がお花屋さんをしているので、売上協力・・というよりは、持つべきものは同級生ですね、たっぷりとおまけしていただきました~!049.gif たくさんありすぎて、悩む・・そして決めたのがこれ。カーネーションだけでは物足りないかなと思い、私の好きなラベンダーを合わせてみました。
f0235252_1844726.jpg

お花を見た母は、「あら~」とちょっと期待していた風に一応喜んでくれました。うん、まずまず満足。
そして、たまには母を連れ出してお散歩でも・・と思い、お買い物がてらぶらぶらと。
そうしたら、なんとなんと、自宅近くの空き地にラベンダーと野菊が一面に咲いているじゃないですか!!005.gif 自分の買ったラベンダーを思い浮かべ・・・「負けた」とつぶやいてしまいました。008.gif
f0235252_185334.jpg

このラベンダーの群集に「すごい、すごい」を連発して興奮する私を後目に、スタスタと歩いて行ってしまった母でした~。003.gif
f0235252_1851836.jpg

こんな母の日でしたが、自己満足の母の日無事終了。来年は、どうするかな~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-19 18:05 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

ラオスへ~。

昨日からラオスでお仕事!2時間足らずのフライトですっかりやられてしまった腰をなだめなだめ、昨日はフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーがプロジェクトを展開する予定の郡へ、他団体のプロジェクト開始前の状況調査に同行させていただきました。

フェリーに乗って川向うの郡へ行きました。今回で2度の訪問となる郡です。ミヤンマーでも思いましたが、たったこの川一本を挟むだけで、世界がまったく違ってしまうんですよね。ここでも同じです。観光客でにぎわう街中とは打って変わって、いきなりガタガタデコボコ山道です。腰に響く~・・007.gif
f0235252_19215840.jpg

f0235252_1922277.jpg

プロジェクトが行われたことがどのように貢献できたのかという評価をするには、この調査はとても大事なのですよね。なので、たくさんの質問をしてプロジェクト開始前にはどんな状況だったのか・・をしっかり把握しておきます。
健康教育の教材がどのように使われているのか・・とか、器具がそろっているのか・・とか・・
そして、色々と状況が把握できてきました!収穫、収穫!066.gif
f0235252_1931540.jpg

かなり集中して話を聞いているので、意外に体力消耗です。ただ、聞き取り調査をするラオス人病院スタッフが11時過ぎにはみんなお昼で帰宅してしまい008.gif・・・仕方なく、私たちも早めの昼食。一緒に同行してくれた保健局のスタッフが「村の食事は…ねぇ・・あるけど・・・村のご飯だから・・。私が準備したから、これをみんなで食べましょう!」と言って出してくれたのが、”セミ(・・か、ヒグラシ??”)の、お肉載せフライでした!003.gif セミは初体験でしたが、美味しかったです!049.gif
f0235252_19304789.jpg

今日はもうこれから空港へ向かい、日本へ向かってGO!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-11 19:32 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

ふふふ・・・

ファームでは電気がないので、ご飯も暗くなる前に食べて、暗くなったら寝る~って感じなのですが、そんなファームでのお楽しみって車のバッテリーにつないで観るテレビなんですよね。唯一村の外のことに触れる感じがするのかな。ソクチアもソムナンもかじりつくようにして観ています。
f0235252_0555355.jpg

でも、これ白黒。私が小さいころに観たことがあるような白黒。やっているテレビも大昔のものがあったりしますし、もちろん映りもザザザ~ってなったりする。でも、こんなに楽しんでもらえたら、いいですよね。ふふふ。
私も、街の家にはテレビがないので、久しぶりにテレビを一緒に観てみました。昔、父親ステテコ姿でこんな格好で観ていたな・・と、ふと思い出し、一人でふふふ・・と笑ってしまいました。
f0235252_0561999.jpg

そして、ふとテレビにつながっているバッテリーに目が行きました
f0235252_056474.jpg

。”パナソカ トタル サチィ ファクション カランチー トキョウ ジャパン”え~、これはどうなのよね~?って感じですよね。またもやふふふです。

ふふふって笑える余裕が出てきたな・・。ふふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-09 00:59 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

ファーム泊で

退職直後でまだなんとなく落ち着かない時に、突然入った同級生の訃報。少々動揺した気分だったので、ファームでたっぷり自然に浸ろうと、久々にファーム泊。

このところ手抜きしていたファームのお掃除で朝から1日労働。びっしょり汗をかいて、”お風呂タイムを楽しく!”と準備したおふろセットで、みんなで屋外水浴び~。006.gif いい香りの石鹸やシャンプーで子どもたちのモチベーション、かなりアップ!作戦成功!049.gif
f0235252_08473.jpg

ご飯作りは、畑の冬瓜取りから。ソクチアご自慢の木登りで、大きな冬瓜をゲットです。
f0235252_092069.jpg

これを、豚肉と炒めて・・・
f0235252_094860.jpg

みんなでご飯!電気がないので、暗くなる前に食べなくちゃね。
f0235252_010848.jpg

そして、今日は寝るのも屋外。カシューナッツの木々に囲まれたところに櫓のようなものを作ってあるので、木の香りを感じながらみんなで大きな川の字で寝ました。夜中にふと目が覚めると、夜空がある。いいですね。ちなみにこのピンクのブラケットは訪問看護スタッフからの贈り物。ピンクだし・・何に使うのか・・と思っていて、確認したら「色はきれいだから。そして、ブランケットはいつもかずを暖かく包んでくれるし、荷物にならずにどこへでも一緒にもっていかれるからよ。」とブランケットに託されたみんなの気持ちを教えてくれました。うん、確かにやさしく暖かく包んでくれていました。ありがとう。
f0235252_0103393.jpg

そして、朝目が覚めたらこんなにかわいい寝起きのソムナンがぴったりくっついてふにゃふにゃしている。子どものいい香り。
f0235252_010554.jpg

色んな思いが頭を巡ったファーム泊でしたが、いい消化剤になった気がします。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-07 00:04 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

FBでたくさんの皆さんからの「お疲れ様」コメントに甘え、本日も午後からファームで充電。
そして、ソクチアの才能がキラリと見られるショット。初めてデジカメを手にして、撮ったソクチアの写真です。風景が好きなようで、「どうしてここを撮ったの?」と聞くと「空の色がきれいでしょ。」とか「お花がいっぱいで好きなの。」と。初めてとは思えないくらいきれいな写真で、びっくりでした!
f0235252_2323578.jpg

f0235252_23233558.jpg

以前、ソクチアがこの写真のお花で素敵な花束を作ってくれたのをブログでもご紹介したのですが、覚えていらっしゃいますか?あのお花のアレンジメントもかなりびっくりしたんです。これ!
f0235252_2324829.jpg

ソクチア、なにかこういうアート的な才能があるような気がする!今度絵を描く道具とか買ってあげようかな。やす~いデジカメでもいいしね。045.gif
・・で、本日、こんな隠し撮りまでできるように一気に成長したソクチアでした。ふふ。037.gif
f0235252_23245526.jpg

今日も充電完了です。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-03 23:29 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

退職後2日目。どうも”時”が止まってしまったようです。いつもの時間に目が覚め、いつものようにワンにゃんに朝ごはんをあげ、いつものようにモーニングコーヒーを飲み、いつもの時間にPCオン。一通りはいつものようです。・・・そして、「ん?どうする?」となる。 もちろんやらねばならぬ仕事はたくさんあるのですが、「ん??」ってなる。
そんな止まった”時”を過ごすには、目の前にあるものから充電かな。
午後からファームで、ソムナンのこんなお顔から充電開始。
f0235252_23495543.jpg

そして、汗びっしょりかいて鼻水ずるずるで、べったり~と甘えてくるちびっこにグングン充電され・・
f0235252_23502031.jpg

今が我ファームの旬、あま~いオクラをほおばるセイちゃんに新しいバッテリーを搭載され・・
f0235252_23504239.jpg

ふと気が付いたら、枕元に”バリッ、バリッ”と草を食べる牛さんに新しいバッテリーを充電され・・・
f0235252_2351326.jpg

家に戻って大家さんと世間話をしながらドライマンゴー作りのお手伝いで今日の充電完了。
f0235252_23512730.jpg

明日は”時”が少しは動くかもな。
[PR]
by kazumi_cambodia | 2013-05-02 23:52 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)

最後の1日

いよいよ迎えた退職の日。最後の日はみんなへの感謝を表現しようと、桑田様の真っ赤なI love you Tシャツと決めていました。そして、「冷静に淡々と・・」と、いつものように出勤。前日に「明日来るよね?」と聞かれ「わかんないよ~」と冗談を言っていたので、オフィスに入った時には「来た049.gif~!」と言われました。ふふ037.gif

前日に引き続き、これまた気になっていたVちゃんがギリギリセーフで来院!良かった。退職のお話を直接することができた。でもそんな患者さんはほんのちょっと。002.gif
f0235252_1173656.jpg

最初にVちゃんに会った時には私の腰くらいまでしか背丈がなかったのにな・・。こんなに大きくなっちゃった。このお母さんとの思い出もたくさんあるんだ。

「冷静に、淡々と」とつぶやきながら、仕事に集中。・・・が、退職を知ったスタッフが次々と来て「どうして!」「びっくり!」「今後は?」って質問攻め。実は、最終日の前日、4月29日に退職のお知らせ一斉メールをスタッフに出したので、まったく寝耳に水状態のスタッフがほとんどだったのです。14年もお世話になっておきながら無礼かな・・とは思ったのですが、そーっと静かに病院を去りたかったのです。なので、急きょ最後のお別れ会を企画してくれたのですが、これも丁重にお断りしました。「冷静に、淡々と」が保てなくなるのはわかっていますもの。

そして、このままならなんとか静か~に去れるかな・・と思っていたところに、カンボジア人副院長と開院当初から私が教えてきたスタッフがお花を持って、来た!!005.gif そして、みんな涙目。あ~~~~~~~、だめ!そこで涙腺切れてしまった・・・。007.gif 
f0235252_1182143.jpg

ひとしきり涙を流し、「さよならは言わないよ!」と言って、スタッフが去り、私ももう一度気持ちを切り替え「冷静に、淡々と」とつぶやき最後のスパートでお仕事。

いよいよ17時。仕事の方もきりが付いた・・・。いつもはいつの間にか帰宅しているスタッフもみんなじーっと仕事をしてる・・・。PCを片づけ始めると、ピエクトラ君が「かず、お仕事、終わちゃったね」と一言。みんなまた涙目で集まってきちゃた・・。だめ~~~~~~~~!また涙腺が切れちゃった! もう修復不可能です。007.gif007.gif007.gif
みんなから、更に涙腺壊しちゃうお言葉がいっぱい・・・。何度も撮った集合写真をまた何度も何度も撮って・・。007.gif007.gif
f0235252_1185278.jpg


最後は、やっぱりピエクトラ君との2ショット。何もないところからずーっと、ずーっと一緒に頑張ってくれて来た彼には、特別な思いです。写真では見えないですが、もう私の顔は涙でぐちゃぐちゃでした。
f0235252_1192016.jpg

オフィスを出る前、最後にオフィスのカギを返そうと渡しました。ピエクトラ君、「だめ、これは持ってて。ここはかずのhomeなんだから!カギがなかったら入れないよ!」と私のバックにカギを押し込みました。007.gif 
私の命を支えてくれた、生かしてくれていたスタッフに感謝の言葉は尽くしきれない。本当にありがとう。最後の日が終わりました。そして、新しい1日が始まります。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2013-05-01 11:14 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)