懐かしいな~、看護学校

今日はラオスの看護学校へミーティングのために行きました。ひとしきりラオスの看護システムや教育カリキュラムの話を聞き、何やら複雑な仕組みで頭がパンパン。そして、最後に「実習室を見て行きますか?」と聞かれ、「ハイハイ!行きます~!」と案内していただきました。
今週金曜日が実技テストなのだそうです。なので、みなさん必死で練習中。
これは、お産の準備。「これと、これでしょ、あとなんだっけ?」と準備するものを復唱していたようです。
f0235252_23592459.jpg

そして、これはBaby Careですね。赤ちゃんは体温を失いやすいので、きっちりと保温して、あげるんです。そして、こうしてぴちっと包んであげると、安定して安心するんですね。ぐ~っとやり過ぎてマネキン赤ちゃんがのけぞってました。ふふ。
f0235252_0015100.jpg

そして、これは、膀胱へ排尿のための管を入れる練習。先生が一つ一つ指示を出すので、あたふた~。更に私たちがじーっと見ているもんで、更にあたふた~。ごめんね!緊張さセルつもりはなかったのよ。
f0235252_004868.jpg

この実習室は日本の支援で作られたそうで、昔の看護学校時代を思い出し懐かしい。私も同じようにみんなと必死に練習をしたもんです。テストのドキドキも懐かしい。あのドキドキって今思うと、ネガティブなものではなくてワクワクのドキドキだったな。久しぶりに味わってみたい気分だな。若さの象徴みたいだものね。金曜日にはみんな合格しますよ~に!
[PR]
by kazumi_cambodia | 2014-04-29 00:02 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

自分の時間

今週はなぜかストレスたっぷりため込んでしたまったようです。そして、今日は土曜日。久々に自分の時間を作ってみようと、朝から、ラオスの姉御Vannalyさんと朝市へ行きました。
オーガニック野菜市場で野菜を買って、1週間の食材を購入しようと街の朝市へ行きました。いつもの見慣れた市場でしたが、初めて見たこの赤い虫!姉御曰く、「あ、だめだめ!臭い虫!メンケンっていうの。私は食べない!」とさっさと先へ行ってしまいました。調理法が分からなければ購入してもな~と、今回はあきらめ姉御を追いかけましたが、臭い…と言ってもね。食べるのならそんなに問題もないとは思うんだけど。でも、メンケンんさん、きれい。食べたら可愛そうな気がした。
f0235252_1413079.jpg

好き嫌いがたくさんある姉御、これは「大好き!」なのだそうです。お米の粉と豚の皮らしい。”ムーネアム”1万キップ購入していました。私も試食して5,000キップ買ってみた。野菜と一緒に食べるのですが、オカラみたいです。
f0235252_1422452.jpg

そして、もち米スチームセット! これ、ずっと欲しかったんです。もち米を1日水につけて、このざるのようなものに入れて蒸すんです。蒸した後には、この小さなおひつ(ティップ カオ)に入れて持ち運び自在!やっほ~!これで来週からお弁当持参できますね。もち米はビタミン補給のために玄米。
f0235252_1461748.jpg

そして~~~!本日の大物は、自転車!痛かった左手首も昨晩から急に痛くなくなり、乗車準備オッケー!”赤のターボちゃん”です。ブレーキを調整してもらって、早速乗って帰ってきました。サイコ―!気持ちいい。これから通勤はこれです。ちょっと大きな出費ですが、長期的に考えれば、節約、健康的!また更に色黒になりそうです。やせるかな~。ふふ
f0235252_1420557.jpg

f0235252_14202443.jpg

たったこれだけのことだけど、”自分の時間”をすごして、リフレッシュです。午後は本でも読んで、夕方はまた自転車乗っちゃおうかな~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-26 14:29 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

回顧録編ー20年前

お正月も落ち着いて、(本当はラオスはまだたっぷりお正月気分なのですが…)何か大きなイベントの後には、ふと昔を振り返ることが多いです。そして、今回は20年前が思い出されました。ハワイに住み出して数年というところかな。ちょうどこんな眺望のコンドミニアムの9階に引っ越しをした直後です。決して余裕のある生活ではなかったけど、今思えば贅沢に感じるな。
f0235252_23351257.jpg

にゃんこ禁だったのですが、こっそりと飼っていた頃ですね~。これロッキー君。一度ロッキーがいなくなって大騒ぎ!…で半日後にひょっこりとキッチンの棚から出てきた。あはは。とぼけた子だったな。思い出す。
f0235252_23364376.jpg

20年前、私も小坊主みたいですが、母も若い!
f0235252_2338918.jpg

母はハワイ好きで毎年お泊りに来ていました。
f0235252_2338887.jpg

ハワイ州の看護ライセンスが取れてナースとして働き出した頃でもあります。英語に自信もなかったし、ドキドキでした。でも、そこから学んだことはとっても大きかったです。たくさんの人に応援してもらったな…。あの頃、20年後は「ハワイの日系のおばちゃんみたいになってるかも~」くらいに思っていましたが、まさかラオスとはね~。明日何が起こるかも分からない人生だもんね、あらら~ってこと、これからもたくさんあるんだろうな。ふふ、面白い。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-23 23:40 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

この1週間、しつこく続けてきたPi Mai Laoシリーズのクライマックスは、メインストリートでのパレードです。
パレードは2日間行われるのですが、それだけでもラオスの人々のこのパレードへの入れ込み度が分かりますね。私はこのパレードを激写するために、通り沿いのレストラン2階席を予約して挑みました!その席から開始前の風景。
f0235252_22471370.jpg

パレードは、会社、郡、民族など色々なカテゴリ―のチームで練り歩きます。全部をご紹介できないけど、いくつかをご紹介いたします。
先頭グループはきれいな旗の行列。
f0235252_22474732.jpg

お坊さんもこの日は水かけ対象になってしまうんですよ。お坊さんにお水をかけるのはラッキーだということなので、私も一瞬階下へ駆け下りてかけさせていただきました~!
f0235252_22485123.jpg

f0235252_22493456.jpg

少数民族のグループは民族衣装を纏い、民族音楽を奏でていました。
f0235252_2249568.jpg

この牛と大きな注射器のモチーフを掲げているのは、”家畜に予防注射を“というキャンペーンなのだそうです。
f0235252_22512362.jpg

ニューハーフチームもいました!残念ながらパレード中の写真はイマイチだったので、執着地点へ走り、メンバーのお1人とパチリ!可愛かったです。
f0235252_2251911.jpg

そして、最高のクライマックスは、“ミス・ルアンパバーン”チームです。毎年お正月に”ミス・ルアンパバーン“選考会が開催され、今年はこの7名が最終選考に残ったそうです。そして、大きな虎に乗って上品な絵顔を振りまいているのが、今年の一番の美女です!このいかにも腰が痛くなりそうな格好で1-2時間…美女も大変だ。
f0235252_2254029.jpg

激写現場へ向かう時にこんな可愛い女の子たちに出会いました。5歳になるときれいに着飾ってパレードに参加することができるのだそうです。七五三みたいですね。将来のミス・ルアンパバーン間違いなし!
f0235252_22533288.jpg

お正月一色のこの1週間でしたが、国によってお正月のしきたり、風習、習慣があり、人々の思いを実感です。明日から仕事始めです。私も新年を迎えて気分一新、バリバリやります!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-20 22:55 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

ラオス新年の元旦風習で、”プニュー ニャニュー”という儀式(?と言っていいのかな??)があります。最初聞いたときには「ン?「プニュプニュ?って何?」と聞き返してしまいましたが、プニューが男性の年配、ニャニューが女性の年配なのだそうです。
この儀式を説明していただいたのですが、私の理解する範囲では「1年に1度、元旦に神からの使い(プニュー ニャニュー)がナムコン川へ神聖なるお水を取りに行き、シェントン寺に祭られている先祖にかけてお清めをする。」ということらしいですが、詳細、もう一度確認した方が良さそうですね~。
この儀式を行うことができるのは、先祖代々同じファミリーのみが許されているのだそうです。
アハム寺のこの建物の中に儀式に必要な一式が納められ、重要任務を担うこのファミリーが装束を身に着けて行きます。
f0235252_0445787.jpg

f0235252_0453796.jpg

f0235252_046785.jpg

そして、ナムコン川へ出発する前には、仏様に一礼し、川までの道のりを僧侶やお供たちと歩いて行きます。
f0235252_051380.jpg

f0235252_046529.jpg

ナムコン川から甕の中にお水を汲み、それをアハム寺へ持ち帰り、翌日のお清めの儀式まで保管。
翌日は保管してあったお水をシェントン寺まで運び、そこでお清めと儀式のダンスです。これ、ビデオでお見せしたいのですが、方法が分からず、取りあえず写真でイメージしていただきたい!獅子舞となまはげそっくりです!!太鼓と鈴が奏でるなかなかノリのいいリズムで体内に”ムクムクう”としたものが動き出すような感覚。リズム音痴の私も思わず踊り出しそうでした~!
f0235252_0485658.jpg

2日間にわたる一通りの儀式が終了し、新しい1年の始まりとなるのです。どこの国の伝統芸能でも、継続されている色んな意味があり、重みがあり、伝統を守ることを担ったご家族にいつかインタビューしたいな。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-19 00:57 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

Pi Mai Laoの元旦には恒例で行われる風習・習慣があるようです。
まずは、もちろん水かけ!本来は仏像や家族へのお清めの意味で行われて始めたようです。お寺では1年に1回、仏像をこうして洗い清めるのが元旦のしきたりだそうです。色々な仏像があるのですね。
f0235252_1338333.jpg

タイやカンボジアでもこの時期がお正月で、同様に水かけをするのですが、カンボジアではそれが喧嘩を引き起こしたりすることから、政府から街中での水かけは禁止となっています。…が、ラオスの水かけは過激~~!すごいことになっていました。
こんな風にビール片手に大きなバケツやホースでザブザブかけるんですよ。
f0235252_13384822.jpg

f0235252_13401321.jpg

大人も子どもも水鉄砲をかかえ、容赦なしです!
f0235252_13393715.jpg

街には、トラックに乗り込み水かけをして回る若者が、こんなに列をなして繰り出していました。爆音の音楽をかけながら気分も高揚し、トラックがユサユサと揺れていました。
f0235252_13404739.jpg

水かけばかりではなく、ペイントを手に付けて顔やシャツ、車にまでベタベタ~ってつけたりすんですよ。ほら、こんな風に。
f0235252_13464487.jpg

こんなことされても、ラオスでは喧嘩が起こるところか、みんなビショビショ、、ペイントペタペタにされてハッピー!!って感じでした。普段おとなしいラオス人が、はじけまくっていました!本来の静かな水かけとは様変わりしていますが、”お清め”の意味が人々の意識の中にあるのかもしれないですね~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-18 13:50 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

お正月に赤い月

昨日は「赤い月の出が日本で見られた」とすってきな写真をFBで拝見!ラオスでは、見られないのか…とがっくりして写真を何度も眺めていました。
そ!!!そして、今朝!いつもの時間に朝ランのために目覚ましをかけておいたのを、「眠いな~。さぼっちゃおうかな~・・・ん??何あれ!!」と眠たい目の中に入ってきたのが梅干みたいな赤い丸いもの。「あ!!!もしや、月!?」と慌ててお外へ飛び出して確認。まさしく、まさしく赤い月だ~!!一気に目が覚めて、スマホでカシャカシャ撮ったけど、貧弱。
f0235252_10575478.jpg

昨日のFBのすってきな豪快な月とはかけ離れている感じだけど、でも、”Inspiring"とか”穏やかな静寂”とか”身にしみいる”とか…ボキャブラリーが乏しく表現しきれないけど、朝陽が上がってくるほんの数分、段々と色が薄くなって消えて聞く姿も憂いがあったな~。

・・で、がぜん張り切って朝ラン!そしたら、今度は梅干みたいな大きな赤い朝陽に遭遇!これもスマホだから本来とは迫力が違うけど、ずじ~んと体の中に力が入り込んでくるような感覚。しばし、立ちすくんで見つめていました。
f0235252_105858100.jpg

サザンの”栄光の男”を聴きながら最後の大きな坂道を「かなわない~夢など、追い求めるほどやぼじゃない~」「喜びを―誰かと、分かち合うのが人生さ~」って繰り返しながら走りきり、今日の朝ラン、大満足!頑張ろうっと!自然の力をもらったな。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-16 11:03 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

Sokudee Pi Mai Lao!! (新年明けましておめでとうございます。in Laos!)
カンボジアでは、毎年新年になる時間が違っていて、今年は確か8時過ぎだったな…。で、ラオスは?と聞くと、「14日に目が覚めたら、新年。」と言われ、カウントダウンがないということが分かりました。でも、元旦(というのかな)の恒例は、朝市へ行って何か新しいものを購入することなのだそうです。私、人ごみ大の苦手・・ですが、「取材しなくちゃ」って、出て行きました。どんなものを売っているのかというと、なんでも!
新年に欠かせない水かけの武器、水鉄砲。
f0235252_23342116.jpg

お洋服。お花柄や派手なものが多いです。カップルや仲間でお揃い来ている人たちをたくさん見かけました。
f0235252_23345227.jpg

f0235252_23372546.jpg

小さなカゴに入った2羽の鳥さんたち。新年にお寺へ行ってこの鳥を放して前年の悪いことを持って行ってもらうとかいうことらしいです。でも、こんな小さなところに入れているの・・・かわいそうだな。
f0235252_23351631.jpg

これは、十二支が書かれた、”ひらひら~”。ラオス人にこの意味を聞いたのですが、イマイチ意味が分からなかったです。
f0235252_23354463.jpg

お正月の雰囲気たっぷりの中で、ふつ~な感じでココナツや粽なんかも売ってたりして。
f0235252_23361769.jpg

そして、そのお隣がブラジャー屋さん!ブラジャーもハデハデが多くて、なんだかサイズも大きい??ふふ。
f0235252_2337830.jpg

とにかく、人、人、人!! 取材の任務でも、もう耐えられない!!「断固帰る!!」と決めても進めない。
f0235252_2337179.jpg

やっと家にたどり着いた時には、床に倒れこみました。そして、これが昨日の戦利品!
床生活が好きな私用の竹製のちゃぶ台(?)と十二支ひらひら~。
f0235252_233812100.jpg

まだまだPi Mai Laoの話題たっぷりなのですが、書ききれない~。昨日の伝統ある儀式の様子や新年のパレードのお話しも明日、明後日でご紹介いたしますね~!お楽しみに!!
[PR]
by kazumi_cambodia | 2014-04-15 23:41 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

昨日はラオスでは大晦日でした。朝ランで”平常心を・・”などと言いながら、スタッフの大晦日パーティーに呼ばれ、「ラオスの文化を知ることも大事である!」と、相成りました。
到着の歓迎は、やっぱりお水~!それが、「仲間だぜ!」っていう印のような感じでした。パーティーが一気に結束するようなね。
f0235252_2275244.jpg

そして、水かけはパーティー参加者のみばかりではなく、誰から構わず通行人へも容赦なし!子どもたちもゴーストバスターみたいに、水鉄砲で水かけ!水かけされて怒る人はだ~れもいない。これで福が来るってことですよね。
f0235252_2285618.jpg

そして、こんなことも!予告なしにいきなり抱え込まれ、大きなバケツへじゃぼ~ん!あっはっはは~。やられました~!洗われたな~って気分です。これで新年はすっきりと迎えられるような気分。
f0235252_22112555.jpg

悔しいので、氷でカチカチに冷たいお水をお返し~~~!
f0235252_2212144.jpg

スタッフとみんなでこの大晦日を迎えることができた良かった。
本日新年を迎えましたが、いやはや、お伝えしたいことが満載で、困る。今日のお大晦日編に引き続き明日は新年編へ突入いたします。お楽しみに~!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-14 22:15 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

ルアンパバーンの街中の托鉢は、フォトスポットとして、たくさんの観光客が集まっています。私もご多分に漏れず何度か出向きました。観光スポットにありがちな、観光客相手に喜捨をするものを売る商売まで出てきていて、少々興ざめしてしまう時があります。本来、ラオスに住む人々の信心深い気持ちからの日常の行動なのですが、脚色されてしまっているような気がする時もありますね。

それが、朝ランを始めるようになり、私の住む田舎でもこじんまりと托鉢が行われ、そこには人々の”徳を積む”日常の姿を見ることができました。
f0235252_12294111.jpg

ワンコのお供付で、ヒタヒタと一心に歩き続ける姿には精悍な、凛としたオーラが見えました。
f0235252_12302162.jpg

そして、托鉢で喜捨されたものを食べ物のない子どもたちへ戻している姿は、がめつくなんでも抱え込もうとしている自分が恥ずかしくなります。
f0235252_12304650.jpg

恥ずかしいな…まだまだ未熟だなって思いながら家に着いたとき、こんな朝陽が。
f0235252_1239580.jpg

眩しくなくて、真っ赤な太陽が、じーっとこっちを見ていました。お正月でどこもお祭り気分なそんな時時にも、まさに今朝見た托鉢の強靭な克己心のようなものを感じました。
うん、今日も学ぶことあったな。今日ここにいることに感謝です。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2014-04-12 12:42 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)