本日、アウトリーチオフィスを素敵にしてくれるプレゼントが来ました!おもちゃの寄付です!病院スタッフの奥様が直々にお届けに!・・で記念撮影。
f0235252_19228.jpg

おさがりですが、立派に遊べます!『オフィスを子どもたちが遊びに行きたい場所にしたいんだけど』とこのスタッフ(楽しそうにおもちゃを並べている)にお願いしていたんです。
f0235252_1104359.jpg

仕上がりはこんな感じ。なかなかです。他のスタッフも「あ!」とみんな気が付いてくれて、つい「よってらっしゃい、みてらっしゃ~い」って言いたくなりました。少しずつおもちゃを増やしていこうと思います!スタッフのお子さんにはちゃんとお断りして持ってきてくれたそうですが、ここに来たら、「あ~~~~!僕の~~~!」って言われるかもしれないですね。(笑)
f0235252_111871.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-26 01:14 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

好き嫌い克服なるか!

好き嫌いが多くて痩せず過ぎのTちゃんへの訪問看護です。おうちは、小さなレストラン(というほど大きくなく、串焼きやら飲み物やらを置いてる)を経営しているので、貧困で食べ物がないということではないのですね。

Tちゃんの1日の食事を聞いてみました。朝、カップヌードル半分。お昼チャーハンをスプーンで2~3杯ほど、夜カップお粥半分。こういう食事がほとんどなのだそうです。あらら~、これじゃ栄養足りないどころか身体を動かす力さえ出せないです。問題は、お店にはジャンクなスナックやカップヌードルも販売されていて、いつでも手にはいっちゃう。Tちゃん、かなりやせ過ぎなのですが、取りあえずはニコニコ笑って遊んでるし、病気のようには見えないので、お母さんも『仕方ないわ」となってしまうのでしょう。
食べ物がないのなら食べ物のサポートをすれば改善の可能性がありますが、Tちゃんの場合は食べ方の習慣を変えなければなりません。どうしよかな~って考えて、絵を描くのが好きだというTちゃんに毎日自分が食べたものの絵を描いてもらうことにしました。ちょうど日本からのクレヨンと画用紙の寄付があったので、それをあげて、「お願いね~!明日見に来るからね!」と言って1日目は終了。
そして、2日目。ある作戦のために絵が上手な英語の先生にお野菜と果物の絵を描いてもらいました。素敵!
f0235252_1411630.jpg

それをTちゃんのところへ持って行きました。まずは、Tちゃんが描いた『食べたもの』を見せてもらうと、やっぱり、アイスクリーム、串団子1本、蒸したもち米を少し、お菓子…。あやや~。
f0235252_143160.jpg

そこで、英語の先生に描いてもらった絵を並べてその中で「食べられそうなもの2枚を選んでちょうだい」とお願いしました。スイカ以外好きなものがないTちゃん、悩む~。(笑)
f0235252_1423497.jpg

で、やっと選んだのがスイカとパパイヤ。そして、「この2枚の絵を次に私が来るまでにTちゃんの食べたものの絵の中のどこかに入れてほしいんだけど、できそう?」って聞いてみました。しばらく考えて、「うん…」って。(笑)
f0235252_1432619.jpg

お母さんにもお願いしてきました。1週間後、ちゃんとこの2枚がどこかに入ってるといいな~。そして、また別の2枚を選んでもらいますぅ~。段々choiceが少なくなるわけですね。いひひ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-21 14:09 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

先週の今日がラオ・フレンズ小児病院の開院式でした。ず~っと前のような気がします。12日からの初診療日から続々とアウトリーチでのフォローが必要な患者さんが来ています。実際に患者さんの家へ行き継続的に訪問看護の患者さんとなるのはその中の何割かですが、私一人での対応では回らないほどになってきました。今日は2件。そのうちの1件は、肺炎で来た男の子ですが、子どもが6人、そしてお母さんが7人目の妊娠中で、「もう子どもはいらない」と言っている家庭。診察に来た男の子は2歳になりますがこれまで一度も予防注射を受けていないことや、来ている洋服や持ってるものなどからみると貧困家庭かな??という感じで、アウトリーチのプログラムへ送られてきました。病院で簡単なインタビューをして経済状況などの情報を得るのですが、お母さんのお話しによればお父さんはトゥクトゥクのドライバーさんで、収入は、十分すぎるほどあるようでした。そこで、真実は??とご家庭へ訪問でした。
こんな道を通って行きました。(これは帰り道に撮った写真ですけど)
f0235252_237310.jpg

そして、これがおうち。
f0235252_2383799.jpg

水も来てるし、こうやって貯めて水浴びに使っています。
f0235252_2394064.jpg

f0235252_23103895.jpg

トイレもある。
f0235252_23122334.jpg

調理場もある。
f0235252_23131376.jpg

住環境としてはそれほど悪くはないですが、お父さんから直接お話しを聞くと、収入の面で、聞いていた額よりかなり少ない。お母さんが言っていた額の6分の1。ん??どちらが本当かしら?それに、更にお父さんには2人奥さんがいることがこの訪問で判明しましたが、それにしても、まだ何かあるのかしら??真実は分からないですね。お父さんもこれ以上は子どもは欲しくないと言っているものの、行動が伴っているのかどうかも微妙です。少し長期的にお付き合いをして、人間関係を構築しながら何が問題なのかを見極めたいと思います。2週間後の訪問の約束をして帰ってきました。
もやもや~な感じですが、何よりも昨日肺炎で熱を出していたBoy君(右)が近所のBoyとこんな風に元気に遊んでいるのが何よりでした。かわいい!
f0235252_2316537.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-18 23:24 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

第一号!

2月11日に無事開院式を終え、12日からは初診療。みんな、緊張と喜びと不安と色んな気持ちが混ぜ混ぜの中、まだ患者さんのいない待合所で気合入れのナースミーティング!私ったら、つい威張ってしまっているように見えますが、そんなことないんですよ!
f0235252_23172797.jpg

そして、来た~!!患者さん第1号!!!記念すべき第一号の患者さん! 担当の男性ナースが早速症状を聞きに行きました。
f0235252_2258508.jpg

そして。患者さんが来ても余裕だぜ~って顔してカメラにポーズ…ですが、実は、感動のあまり大泣きしてるんです。1年半前にルアンパバーンにいたのは私一人でした。内心「ホントに2015年の2月にオープンできるのかな」とかなり不安だった頃やここに至るまでのいろんな山、山、山、そして谷~を思い出し、本当に患者さんを迎え入れることができたその瞬間は、言葉で表現できない感情がうわ~~~っと上がってきたんです。
f0235252_22595037.jpg

診療は開始していますが、まだレントゲンや検査科の器械が不足しているために検査が必要な場合には、隣接している県立病院へ転送します。でも、薬局は準備OKですよ。カウンターでお薬の説明を受けているところです。こうして、初日は予想を上回る47名の患者さんが診療を受けました。
f0235252_2301039.jpg

そして、な~んと初日からアウトリーチオフィスも大忙し。慢性的な問題がありそうだったり、じっくりとお話しを聞いて状況把握をする必要のある患者さんが外来から送られてきます。そして、その中の1人は良く13日に実際に訪問看護をしてきました!患者さんが日常の環境でどんな生活をしているのかをアセスメントすることはとても重要なことなのです!病院の診察室からでは得られない情報がたくさんあるのですよね。
f0235252_2311477.jpg

家庭の環境を細かく評価しながら家族との信頼関係も築けるように無理強いはせず、少しずつ時間をかけてのコミュニケーションです。これは水はどこから来てるの~?って聞いているところ。
f0235252_23124065.jpg

まだ車もバイクもないので、訪問できるのは歩いて行かれる範囲です。病院裏のこんな道をテクテク歩き、牛との遭遇をしながら、『やっぱりこれが私がしたい仕事だわ~』と感じた瞬間でした。そして、『ラオス語習得しなくちゃだめだ!!』と実感した瞬間でもあります。(汗)
f0235252_23151480.jpg

ここまで諦めないで来て良かったな。(うるる~。また泣けちゃう)
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-16 23:21 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

開院式の朝の洗礼

来た~!開院式当日!! 急いで朝食を駈け込んでいる時に病院スタッフから「今すぐ病院へ」という尋常ならぬ声で電話。。『ん?嫌な予感』 と思いながらも、とにかく突っ走り到着すると、なぜか病院の2階が大洪水!!! ハウスキーパーのスタッフから「あなたの部屋!」と叫ばれ、開けると水道の管が抜けていて天井まで大放水状態!!!!!!!ぎゃ~!他のスタッフにも緊急出動が出され、開院式を3時間後に控え大騒動!きれいな式服を着ているところじゃないです。みんな裸足になってスカート、ズボンを捲り上げ、ビチャビチャになって排水作業2時間半でやっと完了。その現場写真、後日ご披露いたしますね。
というわけで、ものすごい洗礼を受けた後、式典会場へ。大弾幕も掲げられ、ご招待のお客様も続々到着し、いよいよです。
f0235252_7552879.jpg

式典は、僧侶のお経から始まりました。大騒動で高まっている気持ちを納めてくれるようなお経が1時間。最後に本当の洗礼を受けて、気持ちもキリリ。
f0235252_7555918.jpg

ラオス政府関係者、アメリカ大使、創設者、院長からのスピーチも終了し、テープカットもさせていただきました。
f0235252_7572962.jpg

この後院内へお客様をご案内し、式典終了。
まずは、式典終了のご報告ブログ。そして、いよいよの、いよいよです!本日8時30分に、ラオ・フレンズ小児病院第一号の患者さんがやってくる!続報、お楽しみに。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-12 08:20 | 赤尾さん活動報告 | Comments(4)

あ~、あと2日!

急ピッチってこういうことを言うのですね。すごい、すごい!
今朝まで、こんな状態だった入院病棟が…
f0235252_1551561.jpg

午後にはこんなになった!
f0235252_1553879.jpg

病院オリジナルポスターも掲げられて、すっかり『自分のもの感』が出てきた!
f0235252_1552157.jpg

4か国からの子どもたちの自画像壁デコレーションも完成!
f0235252_1553493.jpg

うわぁ~、訪問看護のオフィスの仕上がりが遅れ気味でヤバい!ってことで、東京事務局スタッフが”急ピッチ”で、ウォールペーパー貼り付けをしてくれたのですが、壁との相性が合わず、苦戦!!明日までくっついているかな。(汗)
f0235252_1561526.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-10 01:58 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

着々と・・あと3日!

開院式典まであと3日。週末なしで準備、準備!アメリカと日本から強力助っ人スタッフも来ました。お部屋のネームプレート作成中。心強いです!
f0235252_173356.jpg

式典のステージも取り付けられ始め、式場っぽくなってきました。ちょっとステージに上ってみた。(笑)
f0235252_173178.jpg

ラオス、アメリカ、イギリス、日本からの子どもたちに書いてもらった自画像を院内のデコレーションにします。全部で100枚の自画像がこの壁に並びます。
f0235252_1104011.jpg

外来には可愛い絵が取り付けられ、小児科病院らしくなってきました。
f0235252_1102924.jpg

明日は、式典準備をしながら、我が訪問看護のお部屋も式典にいらした方々へご披露する準備です。可愛く子どもが来たくなるようなお部屋にしたいのに、材料がない~。(泣) 最善を尽くす!!ご期待あれ!!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-09 01:14 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

民族大移動!

本日、1年2ヵ月過ごしてきた仮オフィスから新築病院へお引越し!まだ全ての荷物が届いていないものの、まずはデスクやキャビネットを必要そうなところへ移動するためにスタッフが集まり「これはどこ??」と相談中。
f0235252_22504748.jpg

スタッフ教育も新しい教室と机で、気分一新です。
f0235252_22512961.jpg

図書室には、こんなおしゃれな本棚が設置させていました!作成中に見ていたけど、こんなに素敵になるなんて、びっくり!お勉強したくなっちゃいますね。
f0235252_22524723.jpg

ここは倉庫。まだ隅の方にちょっとしか納めるものがない。ふふ。カンボジアのアンコール小児病院の昔を思い出して懐かしくなりました。
f0235252_2254957.jpg

そして、私のちっちゃなオフィス。取りあえず居場所確保です!私の仕事は患者さんの家を訪問看護することになるのですが、カンボジアの時同様、まだ専属のスタッフがいないので、私一人。なんだか、寂し~。
f0235252_22544899.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-02 22:56 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

引越し前日!

いよいよ、明日仮オフィスから新しい病院へお引越し!…の予定。(あくまでも予定)
気になっちゃって、ついどんな具合か見に行ってしまいました。
外来の待合所にカラフルな椅子やデスクが山積みにされていました。”色”や”動き”は頭で想像するしかなかった建物に、命が吹き込まれた感じです。
f0235252_2220667.jpg

外来診療のお部屋もドアがついて、中では診察が行われているような気さえしました。
f0235252_2220534.jpg

入院病棟も容易にナースが走り回っている情景が浮かびます。
f0235252_22213437.jpg

病棟前の空き地にはパーキングとなる場所が整備され始めていました。
f0235252_22214214.jpg

いよいよ…が更にいよいよです!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-01 22:23 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)