新居探し

この家に住み始めて1年半近くになりますが、見かけがモダンなところが少々気になるけど、眺めもいいし静かだし、気に入ってはいます。…が!!! 近くに謎の建物が建築中。洗車場になるっていうけど、どう見てもそうは見えない。最近、あちらこちらにできている、若者が集い大音響の中、ビールを浴びるほど飲むような雰囲気がないでもない。私は、しずか~なところが好きなんで、もしそのようなことがあったら即転居!ということで、新居を探し始めてみました。何件かみたのですがなかなかお値段もよろしく、環境もねぇ、イマイチなところばかり。
そんなところに「こんな家どう?」って紹介されたのが超破格!!こんなおうち。素敵でしょ?今の5分の1のお値段!
f0235252_0514592.jpg

どうして破格値なのか、殺人があったとかっそういうことか??なんて思いながら外観を見に行ってきたのですが、どうやらこれが一つの原因らしい。この橋。車では家に帰れないってことらしいです。ふふ。車使う予定のない私には問題ないわ~!
f0235252_0523614.jpg

そして、もう一つは、夜になると水が出ないのだそうです。ま、溜めておけばいいことだからそれも気にはならないですね。メコン川沿いだから、川で水浴びもできるしね。
中を見てみないと分からないですが、悪くはない。ただ、もちろん外灯なしで、かなりのアップダウンの凸凹道で雨季は通勤が難しいかも~。(笑)
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-29 00:54 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

今日も得るものあり

今日はフェリーに乗ってメコン川を渡って訪問看護です。
f0235252_0345924.jpg

雨季が始まってるので、ところどころこんな小川(中川??笑)を渡って、車で行かれるところまで行って、後は歩きで山登り。
f0235252_0355623.jpg

患者さんはこんな村に住んでいました。素敵。
f0235252_0364710.jpg

動物いっぱいで、つい仲良くしたくなり、牛に話しかけているところをスタッフに撮られてしまいました。
f0235252_0373993.jpg

栄養失調の患者さんなので、栄養のお話しはしつこいくらいにします。そして更にしつこく、小さい栄養ポスターを病院キャラクター(ジャイディ:真心)のステッカーで家の中に張り付けてきました。(笑)
f0235252_0384176.jpg

患者さんのご家族とお話しをしていてお母さんは妊娠5か月だけど、一度も妊婦健診に行ったことがないということが分かりました。患者さんの耳にも化膿しているところがあり、これは家族そろって近くのヘルスセンターまで行った方が良さそう。…と勧めたのですが、「あまり行きたくない」って。理由は規定以上のお金を請求されたり、違う民族であることで差別を受けたりするからとのことでした。私たちがその間を取り持つことこそが役割ですから、一緒に行ってちょっとプレッシャーかけちゃう?ふふ。ってことで、一緒に行くことになりました。これがきっかけで、毎月妊婦健診に行ってくれるようになるといいんだけど。
f0235252_0415526.jpg

帰り道にこんな素敵なカップル(?)を見かけました。仲良しな豚さんとニワトリさん。
f0235252_141973.jpg

そして、人間もこんな風に文化や人種、習慣が違っても、その人個人を嫌いになることとは違うと認識しなくちゃって思いました。職場や学校でも同じこと。方向性やアプローチが違っても、それはこの個人を嫌いになることには必ずしも値しないって思います。52になってこんな初歩的なことをまた感じるなんて、脱皮を繰り返してるわね~。おほほ!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-24 01:07 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

今日までありがとう

今日はこの日から51年。この時には、51年後が何なのかもわからなかったな。ケーキすらわからずびっくりしてるんだもんね。
f0235252_23282466.jpg

そして、この日から4年。大きな山越えの最中。なかなか山越えできずもがいてたなぁ。でも、みんながいっぱい支えてくれた。
f0235252_23292930.jpg

そして、昨日はピザナイト、今日は素敵なケーキでみんなが祝福してくれた。いっぱいメールもいただいた。日付が変わって直ぐにメールをくれた人もいた。すごい!
f0235252_23311381.jpg

f0235252_23333234.jpg

4年前にはもがいていた大きな大きな山をみんなのおかげで今年の誕生日を前に完全に越えて迎えることができた。みんなに感謝。「今日までありがとう!」です。感謝の気持ちを込め、これからこれで乾杯。ごめんね、一人でいただいちゃうけど。
f0235252_2335596.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-20 23:41 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

要リフレッシュでペタン

天井が崩壊したのは、先週の超多忙な日々を示唆するものだったのかもしれません。とにかく、忙しいのと寝不足でー仕事の効率が下がるー仕事が更にたまるー睡眠不足ー効率下がるーたまる―ストレス・・・と悪循環。これじゃ、ダメだと、週末は思い切って”ペタン”パーティー。ペタンってラオスではとてもポピュラーなゲームで鉄(?)のボールを1人2個ずつ投げてテーゲットに近いチームが勝ちというものらしい。カーリングと似ているという話し。
ゲームだけじゃ人は寄ってこないね~。まずは、これ。
f0235252_17365045.jpg

そして、もちろんお腹を満たさないとね。カンボジアでは、女性が仕切る食の準備ですが、ラオスでは、男性が頑張る!魚のさばき方もお手の物。
f0235252_17372474.jpg

私はBBQの串さしヘルパー。
f0235252_17374765.jpg

焼き係りも男性。女性はパートナーの男性が食べ物を持ってきてくれるのを待ってる…。いいな~。私は、自分で取らないと食べそびれちゃうところだったわ!(笑)
f0235252_1742479.jpg

食べ物いっぱい!
f0235252_1742443.jpg

f0235252_1743104.jpg

お腹が落ち着いたら、いよいよペタンマッチ!
じーっと狙いを定めて、「えい!」と投げる。
f0235252_17461719.jpg

勝つと「いぇ~い!」とハイタッチ!負けるとビール係りがビールが入ったコップを持って行き飲ませちゃう。(笑)
f0235252_17464845.jpg

このゲームをするには1チーム3人一人2個ずつボールが必要ってことで…、仕方ないので12個購入。私もマイボール持ちになりました。あっはは。みんなリフレッシュできたかな? さ、仕事だ!!
f0235252_17492141.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-17 17:51 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

ついに天井崩壊!

先ほどからスコール。…で、いつものように室内に滝が発生いたしまして。この現象にはもうずいぶんとならされていましたので、のんびりと動画をとっておりましたところ、いきなり天井崩壊!!!
これにはビックリ!
こんな感じになってます。もちろん室内(ん?室外だったのか?)は、大洪水。2階に住んでるんだけどね。
f0235252_261286.jpg

室内の滝の発生実況中継の動画をアップするのってどうやるのかなぁ…。是非お見せしたいのに。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-09 02:22 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

訪問看護には車は必須なのですが、購入手続きが長引き、まだ病院の車が届いていません。でも、遠くに住む患者さんはいるので、レンタカーでまとめて回れるだけ回る!今回も朝7時半出発進行!舗装された道から少しずつ凸凹道へ、川を眺めながら前進。
f0235252_126766.jpg

途中の道がどうなってるか心配だね。」と言っていたら、いきなり危なっかしい橋。 少しでも軽くしましょうってことで、私とスタッフは降りて見物。“ミシッ”という音に、ちょっとドキドキ~。「帰りはこの橋ないかもね~」なんて無事に渡れたので冗談も言えましたが、落ちてたら大変ですよね!帰りはドッキドッキしながら車内にいました。ふふふ
f0235252_1264236.jpg

1件目の患者さんのおうちは環境も家族の状況もまずまず。一安心です。訪問を終了し、帰りがけに「焼き魚、持って行って」といただいちゃいました。香ばしいいい香り!
f0235252_127978.jpg

…で、次への移動前に腹ごなし。川べりまで降りて、魚の仕掛けをせっせと作っているおじさんを眺めながらランチ。川のサラサラ~っと流れる音を聞きながらのんびりしたいところですが、時間がないので、もち米をむさぼり満腹!次の患者さんのBちゃん宅へ急ぎました。
f0235252_128312.jpg

f0235252_1284191.jpg

Bちゃんは他の病院から依頼を受けての訪問でした。2歳で5.5キロ。通常の半分以下です。私の片腕にもならないんじゃないかな。ガリガリで骨と皮しかないBちゃんは明らかに重症の栄養失調です。高熱もあり、そのまま病院へ搬送を決定。車内でお父さんとお母さんから詳細を聞こうと質問をするのですが、お2人とも少し理解力が良くないようで要領を得ません。
病院到着後、もちろん即入院。お疲れさまでした…ってここで終わらないのが我が訪問看護!
入院中は自炊になるのですが、Bちゃんのご両親ともご飯を作ったことがない様子なのです。そこで、病院が食材と調理器具を購入し、ナースが火の起こし方から始めてお料理教室!
f0235252_1311579.jpg

病気は医療だけの問題じゃないんですよね、ホントに。お節介な私としては、やること満載!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-08 01:32 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

昨日の今日③

昨日は奇跡的に生き残っていたすずちゃんのお話しで、私自身がかなり興奮状態でした。そして、仮設住宅改築して、新居とし、ウェブサイトの”保護した野鳥の育て方”の指示通り、2時間おきに授豆乳(?笑)してました。時々『チュンチュン!』ってお腹すいたのかなと様子を見に行くとミルク飲む気満々なお顔!かわいい~。これ昨日もお見せした仮設住宅。
f0235252_11215575.jpg

怖がらないように、私はじーっと1か所で動かず、時々そーっと様子を見ては、仮設住宅の中でふっくら寝ているすずちゃんに安心していました。
そんなこんなしていたら、すずちゃんの声が『なんだか近いぞ???』と振り返ると、自力で仮設住宅から出てきてた!思わず、『わ~!すずちゃん、一人で出てこれたんだね~!』ってヒソヒソ独り言。ふふ。
バケツのふちに立ってキョロキョロ。様子をうかがってます。私は、おどかさないようにじーっと棒立ち。(笑)
f0235252_11222219.jpg

数分後には、すぐ脇にある椅子へパタパタとおぼつかない羽ばたきで移動。そこでしゃがんで、『行けそうかな…?』って考えてる感じ。私は依然棒立ち!
…で、思い切ったのか、パタパタ~ってベランダへ移動。そのまま落ちちゃんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、しっかりと立って、2歩3歩と歩いて、今度は更に大きな声で『チュンチュン、チュンチュン!!!』って。私は棒立ちのまま、落下時に緊急レスキュー出動態勢で観察し続けていたら、お母さんが来た!!! あのチュンチュンは『おか~さ~ん!』っていうことだったのでしょうね。お母さんは、行ったり来たりしてすずちゃんに「飛んでごらん!大丈夫だから」って言ってるみたいでした。そして、20分くらいかな…すずちゃんがヒヨっと飛んだ!
私は「あ~!落ちた!!」って思って走りましたが、ちゃんと着陸していました。そして、すずちゃんの声が聞こえてきた。はぁ~、良かった。
一つの命が繋がったね。
仮設住宅には”House for Rent"の看板を出しておきましょうかね。ふふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-02 11:22 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

昨日の今日!その②

昨日の今日! そう、昨日天国へ行ってしまった赤ちゃん雀のお話しをしたのですが、今朝、外出から戻ると何やら”カサカサ”と音がします。音の方へ近づくと、雀の赤ちゃん! 羽は大分生えてきてるけどまだちゃんと飛べないので、ジャンプ、ジャンプして窓にぶつかっていました!
f0235252_13175427.jpg

『わ~!頑張ってたんだね!すずちゃん!』って、いきなり名前を付けてしまいましたが、サバイバルしていた子がいたんですね!何かの拍子に部屋の中に入ってしまったのだろうと思いますが、生命力を感じます。”わ~っ”て嬉しかったのは一瞬で、『ん?どうする?保護するけど、どうやるんだ??』ってしばし考え、取りあえず、そーっと拾い上げて安定させみました。最初は『う!こわっ!!止めてくれよ!』と言っているように見えましたが、直ぐに『ま、座りごごちわ悪くないな』ってなお顔。ふふ
f0235252_13182938.jpg

食べ物は何だろう?? お米をかみ砕いであげてみたり、果物を細かくしてあげてみたり、お水をあげてみたり…。でも、全然反応無し。・・・でミルクをあげてみたら、のんだ~!!!そして、ふと、「そうだ、この世の中ウェブでなんでも情報ゲットできるんだ!」っていうことに気が付き、検索。ちゃんと情報がありましたが、牛乳はいけないらしい。豆乳ならOK。で、豆乳をストローの先に付けてあげると、チュンチュンつついて飲んでくれました! これ、2時間おきにするらしいです。そして、保温。家の中をぐるぐる歩き回り、すずちゃんにいいお部屋になりそうなものはないかと探し、悲しい巣立ちの仮設住宅があるのを思い出しました。そして、仮設住宅を改築して、こんな風にしてみました。今、すずちゃんは新居でチュンチョン鳴いてます。
f0235252_13212318.jpg

もう、ずいぶん大きいから飛び立てるまでには時間がかからないだろうけど、ちょっとだけ手助けが必要な感じ。今度こそ嬉しい空き巣になってほしいな。今度のお節介が厄介にならないことを祈っててください!

でも、一つ悲しいこと。仮説住宅の中にはもう1羽天国へ旅立ったすずちゃんの兄弟がいました。天国へ行った3羽の兄弟の分もすずちゃんが頑張って飛びたてるといいな。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-05-01 13:26 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)