今週も1泊訪問看護行ってきました。今回はビボートはなく、ひたすら山、山、山。こんな道を通って、
f0235252_2285258.jpg

こんな眺めを見ながら持参のランチ。
f0235252_2291626.jpg

そして、時にはこんな小川を渡って、今回は5件。
f0235252_2294826.jpg

体重が増えずにいた栄養失調のAちゃん宅では、体重が増えていた!よかった。
家の外に良質たんぱくの大豆が干してありました。干して粉にして焼いたり、水と練ってスープに入れたりするそうです。質素なおうちですが、ちゃんと指導したことが反映している!
f0235252_22103299.jpg

Bちゃんは、お爺ちゃんの家へ行っていて不在。お爺ちゃん宅はここから更に20キロ山奥。行くか引き返して次の家庭を訪問するか…時間と距離と道の状況、患者さんの状況を想定して、検討した結果、GO! たった20キロ、されど20キロでした。ふぅ~。やっと着いた。
f0235252_2211051.jpg

長旅の末会えたBちゃんは、病院での様子よりずっと元気そう。当院へ来た時に脳のCTを撮りに行くことを促されましたが、経済的理由でいまだ行くことができていません。緊急ではなっそうだけど、発達に少々不安がないでもない。どうにかCTを受けることができないものか…。思案中。
こんな笑顔(モザイクしているので、ちゃんとお見せできないのが残念ですが…)で、見送ってくれた。時間かかったけど、来てよかった。1日目終了。
f0235252_22114050.jpg

2日目は村のヘルスセンター(村での診療所とでも言いますかね。)からの依頼で行った家庭が数件。そのうちの1件は、30歳のお母さんと35歳のお父さんの間に産まれた8人の子どものうち、7名が死亡していて、今いるCちゃん4か月の乳児もかなり小さいという報告。こりゃ、大変。早速お宅へ伺いました。とっても小さな竹でできたおうち、4x5m弱くらいかな。家の中に火をおこす場所があり、寝ている蚊帳に火が移りそう。危険だな。
f0235252_22123515.jpg

お母さんもお父さんもそれなりに健康。お母さんはむしろ太っています。でも、この数日の食事内容を確認すると、もち米とチリソースのみ。家の中にも水につけたタケノコがちょっとあるのみです。ある情報によれば、ラオス人の摂取カロリーの80%はお米からだというデータがあるのだそうです。したがって、このお母さんも炭水化物からのカロリーだけで体重が増えているということなのでしょうね。
f0235252_22125992.jpg

でも、赤ちゃんはそうはいきません。ビタミン不足で命を落とすことも多々あります。Cちゃんは、4か月で3キロ。フルタームで産まれているというから、産まれた時はもしかしたら3キロ以上あったかもしれないですよね…。お母さんは、おっぱいが出ないからと重湯にお砂糖を混ぜたものをずっとあげているんです。完璧にタンパク、ビタミン不足です。哺乳瓶もかなり汚れちゃってます。
f0235252_22132656.jpg

即、病院へ。村から出たことがない人たちにとって街まで行くことはとっても怖いこと。だけど、「命には代えられないよね。」と説得して、一緒に病院まで搬送でした。病院まで3時間半。車酔いしながらお母さんも頑張って病院へ到着。即入院。とりあえず安心。
今朝様子を見に行くと、お母さんも食欲が出て、Cちゃんもミルクをいっぱい飲んでました。ほーっと一息。

遠くまで行ってたった一人の患者さんしか診れないことは効率的ではないという意見もあるでしょう。でも、私はたった一人への質の高い医療を提供することが、いずれ、たくさんの子どもを診療することを可能として、多くの命を救えると今でも信じているんです。
それにしても、今回は凸凹山道がすごかったわ~。お尻がお猿さんになってます。ふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-31 22:19 | 赤尾さん活動報告 | Comments(2)

初ボート訪問看護

1か月前から訪問を決めていた初ボート訪問看護。一昨日から行ってきました!7人兄弟で6人が栄養失調の家庭です。ある団体からの情報で、村の中でこの家庭の子のみが栄養失調になっているということで、先月その7人兄弟のうち5名を当院で診察をしました。うち2名は重症な貧血で即入院。輸血をして症状は改善しましたが、原因がはっきりしていませんでした。ただ、その時点で院内でできることはしつくしたので退院となりましたが、原因を探る検査には輸血後3か月待たなければなりません。3か月そのまま何もフォローアップがないのは、不安です。というわけで、退院1か月後の今週に訪問看護が計画されました。

まずは、メコン川を渡ってからなが~い凸凹凸凹山道を2時間半。そして、そこからボートで30-60分。小ぶりなボートでトコトコと水面を滑るような気分。楽しそうに見えますが、ピクニックじゃないよ~!
f0235252_23524337.jpg

村へ到着してここがおうち。なかなかきれい。
f0235252_235375.jpg

哺乳瓶をきれいに洗うことを院内で教えました。それが実践されてる!いい感じです!!
f0235252_23532736.jpg

他団体から栄養補給として提供された卵。1日一人1個で計算しても1日9個は消費します。30個もたった3日です。
f0235252_235442.jpg

他にもミルクを中心としてたくさんの食材が配給されたのですが、粉ミルクが少々残っているのみでした。配給があったにも関わらず、子どもたちの体重は同じか、むしろ減少しているんですね。村のヘルスボランティアさんのチェックリストも3日だけでその後は無し。
f0235252_23553514.jpg

ここで気になるのは、配給された食材がこの家族以外にもシェアされている可能性です。村では、お隣は家族も同然ですし、シェアすることは文化ですものね。阻止することは難しい。これ、今後の課題です。

退院の時に処方されたお薬を確認。
あらら…、もうなくなっているはずのお薬がいっぱい残ってる。泣 お母さんに確認したのですが、「毎日あげてる」と言います。でも、どう考えてもそうではないな。ビタミン剤なので、とにかく1日1回全員が服用するように何度も説明してきました。これがちゃんとできてたら2週間後には薬が無くなってるはず…。無くなってて~って気分です。
f0235252_23561261.jpg

子どもたちの診察をするのは大変!なんせ、みんなお顔が似てるし、年齢も1年ずつくらいの差。名前も似ているし一番下の赤ちゃん以外みんな男の子。混乱!! まずは、全員大きい順に並んで~!ってお願いしました。それでもじっとしてないし、動かないで~って感じでした。あはは!次回は名札作って行きましょう!笑
f0235252_2356483.jpg

貧血のチェックもしましたが、これも間違えないようにお兄ちゃんから順番にやっているはずが、あれ??入れ違ってる!3人掛かりで最終チェック。ふぅ~、大変。
f0235252_23572032.jpg

3時間かけてすることを済ませ、「やり忘れないね?」て何度も確認したけど、それでも何か忘れてるんじゃないかと船着き場までの道々考えながら歩いてました。
f0235252_23575282.jpg

そして、ボートに乗って水面を滑り夕日を眺めながらも「何か忘れてないか?次のステップは?」って考えてました。自然の音や空気の中に身を置きながら、頭の中がカチカチといろんな情報を組み合わせている音が聞こえました。この時間とっても大事なんですよ。月曜日には、共同でこの家族に関わっている団体とミーティングです。価値ある訪問でした。
f0235252_23584032.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-25 00:00 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

やっぱりいいね~!

ルアンパバーン・ハーフマラソン、今年も21キロ完走!いや~、気持ちよかったが、今年は昨日の発熱・ハチ刺されに続き、今朝は会場へ向かっている時にものすごいスコールに襲われ全身グチョグチョ。災難続きで嫌な予感…と言いたいところですが、悪いことはレース前に全部持って行ってもらったってことにしました。ふふ。昨年はレース中に他のランナーが激突してきてお顔が大変なことになりましたけど、さすがにこれ以上なんにもないでしょ~。ね? 

6時スタートなので、5時半くらいからスタート地点にランナーが集まり始めました。まだ真っ暗。土砂降りでぬれねずみの私は、寒い~!
f0235252_1445873.jpg

今回の参加者は約500名。こじんまりとしていい感じですね。スタートは大きな”ドラ”がご~~~~~んって予定が、”ポコン!”なんて、かわいい音。「え?スタート??ね?ん?」って確認し合いながらのスタート。あはは!
f0235252_1452723.jpg

ご近所さんが応援に来ていて、水かぶりシーンを撮ってくださいました。昨年より気温が高かった気がします。脱水になってはいけないと水分補給と水かぶり!そして、ラン友 アケさんから日本の美味しいキャンディーをいただき、体内水分調節万全です!
f0235252_146446.jpg

各地から日本人の参加がたくさんあり、それもなかなかの成績です!
私は練習不足がたたってヘロヘロ~になりながらやっとゴール。はぁ~、ちゃんと練習しないとだめですね。
f0235252_1465474.jpg

男子21キロ3位に輝いたラン友 アケさんと偽表彰してもらいました!
f0235252_1472874.jpg

表彰式も終わり、さて、帰るか…って時に!! な~んと、応援に来ていた日本食料理屋さんオーナー(伊東さんご夫妻)による”ビールありますよ”発言に、ひゃっほ~!みんなで朝ビール乾杯!美味しかった~。
来年も美味しいビール飲めるようにちゃんと練習しましょっと!
f0235252_148076.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-18 14:09 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

今年はこれで行きます!

明後日はいよいよハーフマラソンです!あ~、結局今年も練習不足で迎えてしまいました。今年は日本への一時帰国が重なっていたので更にひどいもんです。今朝5キロ走ってみましたが、重たいのなんの。14キロにしようかなぁとちょっと弱気になりましたが、ファンドレイジングのためにジャパンギビングのチャレンジ( http://japangiving.jp/c/12671#summary はなさん、Sachikoさん、ご協力ありがとう!そして、みなさま、まだ間に合います!)で21キロ完走を掲げちゃったもんで、引き下げるわけにいかず…汗

せっかく走るなら楽しくと、今年は昨年に引き続き 書道家 風香さんデザインの笑顔Tシャツ 墨色で縁起を担ぎます。
f0235252_2233984.jpg

そして、足元は気分一新、ナイキのピッカピカオレンジ!
f0235252_2243829.jpg

明日はゼッケンをもらいます。終わった後のBeer Laoをイメージして走るかな!わっはっは~。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-16 22:06 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

激動?の1週間。笑

ちょうど2週間前の今日、日本に上陸して、わ~~~~!なんで、今ラオス?笑 私なりの激動の日々でした。
6日前には、日本人の恰好をして、大学で講義。素敵な設備が整っていて自分の学生の頃を思い出した。な~んにもなかったけど、箸が転げても笑っちゃう年頃だったな。(ん?今でも箸が転げて笑えるわ!? 成長無し!)
f0235252_22101344.jpg

そして、翌日にはタイミングばっちりに初冠雪の富士山を見ることができて、元気をいっぱいもらったと思ったら、
f0235252_22111573.jpg

その数日後には既にこんなラオスの山の上です。あはは!
f0235252_2212821.jpg

子どもたちが栄養のお勉強をするのを眺めながら、「ラオスだ~」ってしみじみ。
f0235252_22123219.jpg

スタッフとラオスご飯でランチでいつもの日常が戻ってきた。
f0235252_22125710.jpg

そして、今週末はハーフマラソン!ひゃ~!走れるんかいな。 激動の日々は続く…?ふふふ
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-15 22:14 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

どっちが日本人?

今日はあるロータリークラブの式典に来日中のケオと出席です。どうもケオの方が日本人に見えるらしい。(笑)003.gif
f0235252_19591130.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-07 19:55 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

母校で

昨日は母校で国際看護の講義…な~んていうとかっちょいいですが、単なる私のおしゃべりを看護学生さん100名に聞いてもらっただけ。うふふ。
毎年この講義のお仕事は楽しみにしているんです。私が8回生。今年の学生さんはな~んと、40回生ですって!白髪、シミ、年取るはずだわ。笑
お仕事の証拠写真を撮らせていただきました。みんな生き生きはつらつしてて、若いエネルギーをいただきました。ありがとう!そして、頑張ってね~!
f0235252_10425249.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-10-03 10:43 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)