昨日1泊2日訪問看護でルアンパバーン北部の村へ行きました。ラオスも冬を迎え、朝晩の気温がこのところ20℃を切ることが多く、寒い!私の身体は25℃以上に対応するようになっているので、20℃を切るというのは、もう、真冬。
日が暮れると一気に気温が下がるので、いつもより早めに出発したのに、あらら~。事故処理で立ち往生。酔っ払い運転で単独事故だそうです。5名乗車していて1名死亡。今、モン族のお正月でお酒を飲む機会が多いとは思いますが、やっぱり飲んだら乗るなですね。カンボジアでも飲酒運転は大きな問題でした。
f0235252_2329242.jpg

そして、昨日は霧がすごくてゆっくりしか走れない。こういう時に限ってって感じですが、自然のことですもの仕方ないですね。
f0235252_23321853.jpg

途中昼食で20分の休憩のみで走り続け、最初の患者さんの家に到着したのは、16時。標高が高いので、寒い!!息が白いし、手はかじかんで字は書けない。泣 このおじさんの防寒を見たらどれだけ寒いかお分かりいただけますよね?
f0235252_23295290.jpg

「早くしないと暗くなる~!」と急いで診察・情報収集して、今後のプランを立てて、「次へ!」と飛び出そうとしたら、「だめだめ!ごはん食べてって!!」と家の中に押し込まれました。「でも…」とお断りするも、強固にお断りするのは失礼とのことで、いただきました。湯気が上がったスープともち米が、冷え切った体にほ~っと入り込んできました。カチカチだったんです。涙が出そうでしたわ。私の隣に座っているのは村長さん。「これ食べて頑張って!」って、やさしい…。10分でかけ込んだご飯でしたが、とびっきり美味しく、力をもらいました。(村長さん、ちょっとイケメン。ふふ)
f0235252_23301613.jpg

そして、次の患者さんの家までは1時間半。到着したら20時。この村は電気が通ってなく真っ暗。気温3℃!寒い!凍る!懐中電灯を点けて診察をして栄養指導もこんな感じ。でも、家族は初めて聞いたことばかりのことにみんな真剣。ありがたいです。
f0235252_23304440.jpg

昼間はお外に火を起こして、それを囲んで当たっていますが、夜は家の中に火を焚けないので、重ね着、蒲団でどうになするしかないんですね。と~にかく寒かったです。これだけ寒いとみんなでくっついて寝なければいられない。『喧嘩しててもすぐ仲直りできちゃうなぁ~』って、寒さで脳がバカなことを考えてしまいました。(失礼!) 村人たちの寒さとの闘いは命がけなのに、不謹慎でした…。

宿に到着したのは、22時半。お部屋はこれ。薄手のブランケット2枚。寒いよ~。もちろん暖房無し。お湯無しで、凍る!で、このブランケット2枚とも半分折にして、4枚分の暖を取れるようにしました。チビってこういう時便利!ふふ。帰って来てあったかいお湯を沸かして、「なんと甘ちゃんなのだろう」と実感。今回も学んだ訪問でした。ありがとう。
f0235252_23325255.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-12-18 23:34 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

いやいや~、どなたかが「ダンと行ってガンと戻るから”弾丸”帰国?」とおっしゃっていましたが、その通りです。
今回ラオスからハノイ経由で福岡へ上陸。1泊して佐賀、福岡。博多駅前のイルミネーションに、寝不足の頭が癒されました。
f0235252_2293797.jpg

翌日に新幹線で広島へ。お好み焼きをごちそうしていただきました~。栄養補給万全。
f0235252_22153720.jpg

世界エイズデーには武道館でのチャリティイベントへ。当院を支えてくださっているアーティストのみなさんに感謝、感謝。そして、翌日に備え羽田泊。
f0235252_22161743.jpg

翌日は早朝の便で青森五所川原へ。中学3年生250名のみなさんへエイズと命のお話しをさせていただきました。自分の中学の時を思い出して、懐かし~気分。体育館の匂いもじ~んとしみこんできました。ご一緒したサエラさん(http://artist.amuse.co.jp/artist/ca_et_la/)のミニコンサートが2部にあり、心が洗われました。
f0235252_22165627.jpg

中学校の後は、サエラさんととラジオでお話しをして、美味しい『ぎぐぢのおやぎ』(たぶん菊地のお焼き…だけど、こう聞こえた!ふふ)をいただき、青森空港から東京へトンボ返り。自宅に着いたら日付が変わってた。この”ぎぐぢのおやぎ”最高です!是非食べて!!
f0235252_22182658.jpg

そして、日ごろお世話になっている方々への報告会と懇親会を兼ねた忘年会。私が大好きな写真(ブログのプロフィール写真も内藤さん!)を撮ってくださった写真家の内藤さんもお越しくださいました!手に持っているのは、つい先日出版された、カンボジアの森本さんという方を撮り続けた写真集 いのちの樹 The tree of life 素晴らしいです!
f0235252_22192973.jpg

そして、翌日は本厚木で2件お仕事。どちらも長期でご支援してくださっている方々です。本当に感謝です。
ここまでが”ダン(弾)”ですね。
f0235252_22195967.jpg

”ガン(丸)”の始まりは成田からヤンゴンへ。雲のじゅうたんを眺めながら夕刻に到着。選挙が終わって民衆は活気に満ちていました。
f0235252_22202624.jpg

到着後に至急案件が入り込み、更にメールが開けない!そして~、時差がラオスと30分差という中途半端さに困惑され、ほとんど眠れず翌朝を迎えました。でも、しっかりと大好物のモヒンガーを朝食にいただき、活力補給。美味しかった!
f0235252_2221273.jpg

村は生き生きしていました。この国はホント、すごい。詳細は後日。
f0235252_22214047.jpg

”ガン(丸)”も終盤、ヤンゴンからバンコク経由でルアンパバーンへ。は~、やっぱり弾丸でしたね。わはは!
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-12-10 22:29 | 赤尾さん活動報告 | Comments(3)