お父さん、しっかり~!

ある栄養失調のお子さんがいる家庭への訪問看護。前日に電話で在宅確認をしたのですが、電話が通じずにいました。そんな時でも在宅していることも多々あるのですが、今回は不在。お母さんと一緒にファームへ行ってしまったそうです…で、これ誰?と思ったら、お父さん。お父さんだけお家でちょっとのんびり。ん~ん、どうなの?って思いながらも、お父さんに「お子さんはどう?良く食べてる?何食べてる?元気はあるかな?体重は?」なんて質問攻め。聞くところによれば、元気。ただ、食べているものは、ご飯に唐辛子と塩。あ~ん、ダメダメ~!
ありがちな家庭ですからスタッフも心得て、栄養の話をこんこんと…。お父さんもちょっと真剣?笑
f0235252_23325292.jpg

で、いきなり、お父さん「知ってます!習ったことあります!」ときっぱり。・・・・・・・・へ?とスタッフと顔を見合わせていたら、急に家の中に入っていきゴソゴソと何かしてる。「なに、なに!?」と言っていたら、持ってきたのが、栄養ポスターです。え~っなんで持ってるの~? このお父さん、2000年に村のヘルスボランティアとして研修を受けたことがあるのだそうです。村のヘルスボランティアは、村人へ健康教育をするために存在しているんです。これ、私たちが持ってるのよりすごくいいポスター!なんで自分の子どもに使えなかったの?????ですよね。でも、習ったことが自分の生活につながらないということがよくあります。
f0235252_23335849.jpg

お父さんもスタッフからの栄養の話を聞き、「どこかできたような気がするなぁ」と感じたのでしょうね。ふふふ。でも気が付いてくれて良かった。研修を受けた2000年以降情報をアップデートするチャンスもなく現在に至るらしいので、次回の訪問は、このお父さんに先生になってもらい、cookingデモンストレーションをしtて村人みんなに健康教育をしようかと企画中!お父さんもノリノリでした。笑
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-29 23:36 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

今日も道の話だけど…

雨季に入ってブログの悪路話が多すぎると自覚はしていても、やっぱり、言わずにはいられない。今日の訪問先は、車で行かれるかどうかは行ってみないと分からない…けど、行けるところまで行ってそこから先は歩く!と朝のミーティングで決まりました。今日行った地域は道路の整備工事で今にも崩れそうなこんな脇を走るので、ヒヤヒヤ。
f0235252_083920.jpg

そして、整備も届かない地域へ行くとこんなです。この写真をカンボジアのスタッフに送ったら「12年前のアンコールチュムだね~」と、びっくりしていましたよ。確かに、10年以上のカンボジアです。
f0235252_0104228.jpg

危なそうなところは何度も停車して確認。ドライバーさんの「うん、大丈夫!」の言葉で前進。四駆をここまで使ってもらえて車も嬉しいはずです!
f0235252_012591.jpg

そして、やっとたどり着き診療を終えて「雨が来る前に急いで帰ろう!」という時に、こんなことに…。大きな車に大きな木材積んだ車が立ち往生。1時間半待ちでした。…それにしてもこの木、超高級なはずだな。どこへお金が流れうのだろう??
f0235252_0163839.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-28 00:18 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

橋の作り方!

雨季は一雨で道がすっかり変わってしまいます。数日前行った道も急な大雨でぐにゃぐにゃ。でも、これはまだ余裕。
f0235252_19223882.jpg

あ~、でも、これはどうよ~?しばし停車して思案。
f0235252_19232181.jpg

まずは可能かどうか周囲の茂みから枝を切って来て車幅測定。わ~、足りないわ。
f0235252_19235488.jpg

そして、周囲をキョロキョロ…。『うん、行ける!』と行動開始!橋の作成です。
まずは、鍬の柄を作ります。近くの木を斧で切り、鍬のサイズに削りながら調整していきます。2人は作業手順が頭に入っているので、あ~だこ~だ言わずに黙々と。手慣れてる!
f0235252_1924431.jpg

で、これまた近くにあった大きめの木版をよいしょっと。地面に埋め込むためのその腰の入った鍬使いも素晴らしい!
f0235252_1926052.jpg

そして、アッという間に橋完成!
f0235252_19263359.jpg

…で、一気に渡る!思わず「ひゃ~!」と山に反響するくらいの声をあげていました。動画を撮る手がブレブレでした。ふふふ。スリリング。
f0235252_1927782.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-24 19:28 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

その一押し

今日は1泊2日の訪問看護。ちょうど日本へ行く前に来た場所です。こんな山の上にある村。下界は40℃近いというのに、ここはヒンヤリとするほど。逆に冬は異常な寒さですけどね。景色最高です。
f0235252_034285.jpg

そして、豚さんがのんび~りと寝そべっていられるくらいのどか。かわいい~。…なんて言ってる場合じゃなくてお仕事!
f0235252_0351343.jpg

この村に来ると必ず目的以外の患者さんが現れるんです。今日もこの生後14日という赤ちゃんを連れたご夫婦。赤ちゃんの首に何かできて大きくなっているというのです。
f0235252_0355892.jpg

近くのヘルスセンター(と言ってもかなり遠い!)へ行きましたが、「ここでは何もできないです。」と言われて帰って来たそうです。確かに胸鎖乳突筋あたりに何かがしがみついたようにありますが、この場でなんとも言えません。ただ触ると泣くので痛みがあるのだと察します。もしどんどん大きくなり続けたら、気道や食道を圧迫してしまうことになり危険です。診断ができる(レントゲンや超音波のある)病院へ行くように話すと、「一緒に連れて行ってください。」とモジモジ…。

どうせ病院へ戻るので、帰り道ならば搬送することは全く問題ないのですが、今日はそこから全く違う方向へ移動し、違う方面から明日町へ戻るので、「自分たちで行かれない?」と聞くと、「街へ行ってどうしたらいいのか…」と不安そうに言うんです。そうですよね。私が初めてアメリカへ行ったときのような感覚なんだろうな。

そこで、街へ行って、子ども病院へ行きたいと言えば大丈夫であることや、当院の患者カードを作成して渡して、これを見せたら分かることを伝えたり、院内にいる訪問看護スタッフの電話番号を教えて、更にお母さんたちの写真を撮って目の前でLINEを使って病院へ送り(それがこの写真。ふふ)、準備万端だから大丈夫!と念をおしたら、お父さんも「ハイ、明日5時に起きてオートバイで行きます!」と言ってくれました。良かった。4-5時間はかかるけど、とにかく医療にたどり着いてもらわなくちゃ。

レントゲンもないヘルスセンターが「ここではできません」と言うのは当たり前ですが、そこから、「ここの病院へ行きなさい。こうやっていくんだよ。」という一言があったらずいぶんと違うんだろうなぁ~と思いました。ちょっとした一押しで、医療にかかれるか否かが分かれちゃうってこと、今日学びました。明日は何があるかなぁ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-21 00:43 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

久々ボートで訪問看護

日本にいたのがとっても長かったような気がします。そして、ラオスへ戻って来たのがず~っと昔のような気がします。やることがいっぱい待ち構えていた!

久々のボートでの訪問看護もその一つ。私の日本帰国で半月フォローアップが遅れちゃった。家族と電話で連絡を取り合って状況を確認していながらも、行ってみたら”あら大変!”ってことも多々あるので、『大丈夫かな…』と、思いながらの道のりでした。
f0235252_16134422.jpg

8人兄弟中7人が極度の栄養失調と貧血であった家庭。最初は入院治療が必要でしたが、今は、定期的に身体チェックと食料支援+欠かせないのが、健康教育。 これで、どうにか以前のような状態になることは食い止めていますが、それでも、体重も身長もなかなか思うように増加しないです。

恒例、今日のお食事チェック!
山から取ってきたマッシュルームとご飯。10人家族でこれだけじゃ、量も栄養も足りない…。持って行った卵を使ってもらったら少しはいいけど。
f0235252_16174156.jpg

f0235252_16143093.jpg

この家族は人数も多いし収入もないし、とても大変なのですが、子どもへの関心がないわけでもなく、生活が乱れているわけでもないんです。生活をするために は、今の田植えの時期を1日でも無駄にできないのです。今の仕事が来年の収入に100%反映してしまうから。これはこの家族だけでなく、雨季になって田植えの時期によく見られ、その対応に頭を悩ませます。
明日は、1泊2日で足の傷の治療に戻ってくるはずが来なかった患者さん宅へ向かいます。きっと同じようなことが理由なのではないかなぁ…とこんな景色の帰路で考えていました。ラオス人スタッフにも良いお勉強になるな。…それにしてもお天気良すぎて、また焼けた。
f0235252_16151429.jpg

[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-19 16:18 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

侵入者!

たった10日ほどの日本への一時帰国でしたが、ラオスへ戻ると家屋への侵入者発見!それも、多方面からじわじわと…。
f0235252_23345668.jpg

f0235252_23354539.jpg

1枚目はキッチンの天井の隙間から。2枚目は階段を上ってきた~!雨季は植物の生長が早くてびっくり!ラオスだわ~って感じ。ふふ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-16 23:39 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

こちらからもお礼を

この度クラウドファンディング挑戦で、ラオスの手術室にHEPAフィルター購入費を呼びかけておりました。そして、なんと先日目標達成を果たし、嬉しびっくりの歓喜に沸いたフレンズJAPANの事務局でした。(私もたまたま日本へ一時帰国中でした!)
そして、お礼メッセージをクラウドファンディングサイトに掲載いたしました。…けど、「こちらからもお礼をしておこう!」と、日本からラオスへ戻る途中に思いつき、カタカタ…とタイプしている次第です。告知期間を50日あまり残しての目標達成でしたので、第2ゴールを設定し、継続挑戦中です。以下、サイトがお礼のURLです。ご一読くださいませ~。本当にみなさんありがとうございました。
https://readyfor.jp/projects/LFHC_OT/announcements
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2016-06-15 18:44 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)