Lunch at 患者さん宅!

本日ひっさびさの村。昨日からワクワク。特に初めて行く村だったので、興味津々!街から約135キロのこんなお山の上。冬っぽい山でしょ。ラオスも今は冬。
f0235252_2255724.jpg

かなり遠い村だけど印象はとても豊かで整然としていました。『豊か』というのは単にお金やものがあるというよりは、人々の気持ちにゆとりがあるということです…でも経済的に余裕があるせいなのかなぁ…とも思う。卵が先か鶏が先かみたいだな。
f0235252_22553027.jpg

そして、この村に到達するまでに道に少々迷ってしまったのでランチもなしで走り続けてきました。そこで、ドライバーのK君が、機転を利かして村で食材を調達し、私たちが患者さんを診ている間に患者さん宅のキッチンをお借りしてcooking!笑
f0235252_22593128.jpg

鳥さん、ごめんなさい…。
f0235252_2323634.jpg

出来上がったランチはチキンの塩ゆでとスモークポークのスープ。そして、もちろんもち米。そのまま食器もお借りして患者さんファミリーと一緒にワシャワシャとかけこんで、慌てて次の患者さんのところへ飛んでいきました。
f0235252_22571670.jpg

一緒にご飯を食べるって信頼関係を深める効果があるというけど、ホントですね。患者さんファミリーとは初めて会ったのに、なんだかもう親戚みたいな気分。ふふ。 村独特のAtmosphereに癒された。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2017-01-19 23:03 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)

年末年始を日本で過ごし、母の米寿のお誕生日を一緒に過ごしました。88年、たった88回のお誕生日、3万2120日だけど、母の人生と考えると長いな。戦争も体験し、結婚、出産、そして父を失い一人で頑張ってきたその時間はとてつもなく長く尊い時間です。ふと、これまでの還暦、喜寿という年齢の節目には特別なことをしてこなかったことに気が付き今回は「家族でお着物を着て写真撮影をしよう!」と思い立ちました。高校時代の友人を力をお借りして、きれいに着付けもしていただき素敵なショットが撮れました~!(これは、私のスマホですけどね) お化粧してお着物着たら生き生きしている母を見ておしゃれすることって大事だなと実感です。
f0235252_18123919.jpg

母の誕生日に大好きなものばかりを作ってゆっくり夕飯を食べました。豪勢なご馳走ではないけど、喜んでいっぱい食べてくれました。
f0235252_1815769.jpg

私が19歳から家を出てしまい、35年も一緒に暮らしていない母。ずっと「一緒にいることだけが愛情じゃない」と言い張っていた私だけど、「一緒にいることも大事だな」と思いました。これまで母は決して寂しさを語ることはなかったのですが、今回独り言のようにブツブツと言っていた。35年抱えてきたものが漏れちゃったのかな。これから何年、何日、何時間が母と過ごす時間になるのか分からないけど、後悔しないようにと思います。そして、母には100歳までは頑張ってもらわなくちゃな!
年末年始の一時帰国を終えてラオスへの帰路で人生を考えるの巻でした。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2017-01-16 18:18 | 赤尾さん活動報告 | Comments(0)