治療拒否?!

先月日本に帰国中、大腸や胃カメラをやって悪いところは治療を開始。身体のメンテナンスをしてきました。時間がないから…とできずにいたけど、やろうと思ったらできる。受けたい治療を受けられないなんてことはないはず…だけど、あった。治療拒否か???
偶然に行った村で偶然出会った兄弟ちゃんたちのお話。今挑戦中のクラウドファンドのサイトで詳細をアップしました。是非ご一読ください。
https://readyfor.jp/projects/LFHC-thalassemia/announcements/58481
https://www.facebook.com/kazumi.akao.7


[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2017-06-24 01:19 | Comments(0)

年間何度か日本へ帰国してお仕事していますが、大体1週間から2週間が最長で、今回も12日間の予定で5月9日に日本上陸。…が、延びに延びて1か月となりました。帰って来て自宅へ戻るといろんなことが起きていました~!我が家はキッチンと住居空間が別棟になっており、キッチンの電気はいつもつけて帰国します。それが、消えてる?「蛍光灯が切れちゃったかな?」と鍵を開けて中に入ると、真っ暗なのに、強烈な臭いとむ~っとした空気に「なんだ、なんだ~?」電気のスイッチがオフになっていたので入れて見回しても特に変わったことは無し、ただ、電気のメインスイッチがオフになっていたということは…、冷蔵庫もオフということで…その中身は…というと…ひゃ~!ウジウジだらけで、よく見ると冷蔵庫の表にもウジウジ…そして、なぜかヤモリも息絶えている。強烈な臭い。卵は爆発して殻だけがケースに引っ付いてる。ウジウジと格闘3時間。なんとか、ウジウジはいなくなったけど、臭いが取れない。表漂白剤で洗ってみても、炭を入れたり、消臭効果があるという植物を入れてみても全然取れない強烈な臭い。食べ物を入れたらみんなその臭いになっちゃう…。(´;ω;`)ウッ… 仕方ないので、新品購入!店舗まで5分、購入品を決めるのに2分、搬入に5分。この速さが魅力ですわ。ふふ。これがブルーの新顔イケメン!まだ値段付き!(もちろんラオキップで、値段交渉したのでずっと安いです~!)
f0235252_20145032.jpg
f0235252_20185550.jpg
そして、汗だくになってウジウジと戦っていると、なんだか、傍目に“もよもよ”動きを感じる。流しの下あたり?見に行くと、いや~ん、かわゆい目が開いたばかりの子にゃんこ3匹。お母さん不在でお留守番中。生意気に「おばさん!誰?あっちへ行って!」と小さいお口で「シャー!」って言ってました。ウジウジとの戦い中の癒し系。助かったわ。「おばさん、やさしいから大丈夫」と言って作業続行。
f0235252_20161434.jpg
やっとひと段落で、塩辛と納豆とクサヤを混ぜたような臭いが染みついた身体をまずは洗わなくちゃとシャワーへ行くも、お水がタラタラ…そして、お水の代わりに出てきたのがありんこさん。最初、老眼でよく見えず、「ん?なんだ?」とよく見ると小さなありんこさん。1か月使用していなかったシャワーの管は住処にはちょうど良かったんだろうな。ごめん~!お水流しちゃった。庭の雑草も伸び放題。昨日は病院のスタッフにお手伝いしてもらって、スッキリ。
f0235252_20165963.jpg
こんな産物も庭にあったわ。おいし~。
f0235252_20172257.jpg
アッという間の日曜日。疲れ果ててぼーっと南国の夕日を眺めてラオス全開。カンボジアでも起きなかったことが起きる。やってくれるね~、ラオス!
f0235252_20181872.jpg

[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2017-06-19 20:33 | Comments(0)

人生の山焼き?

ラオスのこの季節は雨季が本格化する前に山を焼いて今年の田植えや種まきに備えます。きれいに山を焼いて、害虫などを駆除して土地をきれいにするんですって。なので、この季節は山からモクモク煙が出ているのをよく見かけます。このモクモクは街へも流れて来て街の空がもやるくらいですし、灰が我が家のお洗濯物にかかって黒くくなってしまうくらいなんですよ。
f0235252_00284441.jpg
f0235252_00303107.jpg
今日はかなり遠方の訪問看護で山中を走っていると、間近て山焼き中の現場に遭遇。そこで働くたちも真っ黒けでした。
f0235252_00324476.jpg
そして、焼かれた山の真ん中を迷いもなく突っ切る道を見たのは初めてだ。すごいね。なんだか嘘はつけないぞ!って言っているみたいなきれいな道筋。
f0235252_00310029.jpg
そして森にひっそりと隠れていた大蛇もこの大掛かりな山焼きで焼きだされてしまったそうで、こんなかわいそうなことに…。16キロで100ドルで売れるのだそうです。もちろん食べるためにね。とんだ災難だったね…
f0235252_00331356.jpg
1年に1回、一斉に総ざらいするこの山焼き。すっきりとして新たな芽を出しスタート! 人生も1年に1度の総ざらいってできたらいいな…。と車内で揺られながら考えた1日でした。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2017-05-05 00:41 | Comments(1)

山と谷…どっちだろ

ラオスに来ていろんな山を登ったり下ったり、また登ったり下ったりしてきました。こんな山や
f0235252_22370985.jpg
こんな山。
f0235252_22362998.jpg
そして、こんな山もあったし、
f0235252_22364863.jpg
こんな山もある。
f0235252_22361062.jpg
同じ山でもご機嫌で違った道になったりもする。
f0235252_22372860.jpg
『人生山あり谷あり』というけど、どっちが苦しい時だろ?とふと考えました。そして、今はどっちかな?
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2017-04-22 22:40 | 赤尾さん活動報告 | Comments(1)

祈り…

緩和ケアのお話です。7歳のKちゃんが当院に来たのは先月のことでした。片眼の摘出手術を別の病院で受け、嘔気・嘔吐が発生して来院しました。病歴の詳細がなかなかつかめずにいましたが、どうやら脳腫瘍で眼球へも広がってしまったことによる眼球摘出と予測されました。別のCT脳内に大きな主要があることも分かり回復は見込めないと判断しました。家族へそのことを説明し、退院し自宅で緩和ケアを提供することになりました。自宅へ戻って約1か月が経ちます。痛みには痛み止め、嘔吐にはステロイド剤が効果がありました。しかし、まもなく意識の混濁食事摂取困難になり、極度のるい痩で床ずれができてしまう。ツールの無いところで出来る限りのことはしているけど…。家族の顔にも疲労が見えています。心にたまったことを吐き出してもらうようひとしきりの時間を過ごして家を離れる時に目に入ったのがこれ。祈祷師にお払いをしてもらった印です。
f0235252_14391706.jpg
…とふと気になったのが、もしや説明不足でご家族はKちゃんの回復を期待している??ということでした。これまでにも時々ありました。言語の障害や表現し違いでなかなか伝わっていなかったということ。でも、Kちゃんのご家族にはちゃんと理解されていました。そして、これはKちゃんへの『祈り』なのでした。私たちも祈ります。少しでも安らかに…。
[PR]
# by kazumi_Cambodia | 2017-04-08 14:44 | Comments(2)