好き嫌い克服なるか!

好き嫌いが多くて痩せず過ぎのTちゃんへの訪問看護です。おうちは、小さなレストラン(というほど大きくなく、串焼きやら飲み物やらを置いてる)を経営しているので、貧困で食べ物がないということではないのですね。

Tちゃんの1日の食事を聞いてみました。朝、カップヌードル半分。お昼チャーハンをスプーンで2~3杯ほど、夜カップお粥半分。こういう食事がほとんどなのだそうです。あらら~、これじゃ栄養足りないどころか身体を動かす力さえ出せないです。問題は、お店にはジャンクなスナックやカップヌードルも販売されていて、いつでも手にはいっちゃう。Tちゃん、かなりやせ過ぎなのですが、取りあえずはニコニコ笑って遊んでるし、病気のようには見えないので、お母さんも『仕方ないわ」となってしまうのでしょう。
食べ物がないのなら食べ物のサポートをすれば改善の可能性がありますが、Tちゃんの場合は食べ方の習慣を変えなければなりません。どうしよかな~って考えて、絵を描くのが好きだというTちゃんに毎日自分が食べたものの絵を描いてもらうことにしました。ちょうど日本からのクレヨンと画用紙の寄付があったので、それをあげて、「お願いね~!明日見に来るからね!」と言って1日目は終了。
そして、2日目。ある作戦のために絵が上手な英語の先生にお野菜と果物の絵を描いてもらいました。素敵!
f0235252_1411630.jpg

それをTちゃんのところへ持って行きました。まずは、Tちゃんが描いた『食べたもの』を見せてもらうと、やっぱり、アイスクリーム、串団子1本、蒸したもち米を少し、お菓子…。あやや~。
f0235252_143160.jpg

そこで、英語の先生に描いてもらった絵を並べてその中で「食べられそうなもの2枚を選んでちょうだい」とお願いしました。スイカ以外好きなものがないTちゃん、悩む~。(笑)
f0235252_1423497.jpg

で、やっと選んだのがスイカとパパイヤ。そして、「この2枚の絵を次に私が来るまでにTちゃんの食べたものの絵の中のどこかに入れてほしいんだけど、できそう?」って聞いてみました。しばらく考えて、「うん…」って。(笑)
f0235252_1432619.jpg

お母さんにもお願いしてきました。1週間後、ちゃんとこの2枚がどこかに入ってるといいな~。そして、また別の2枚を選んでもらいますぅ~。段々choiceが少なくなるわけですね。いひひ。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-02-21 14:09 | 赤尾さん活動報告