無駄じゃないな、250キロの旅

本日訪問看護で走行距離250キロ!3分の1はこんな道。
f0235252_024324.jpg

最初の患者さん宅へ着く前にランチの時間になっちゃった。川べりのこんな場所でいただくことにしました。
f0235252_0264178.jpg

葉っぱを敷いて、お弁当を広げます。この大きなタッパーは、私たちのランチボックス。はは! ピクニックみたいですが、お仕事です!笑
f0235252_0271278.jpg

ランチを駆け込んで「さ~、出発!」と車に乗ろうとしたら、こんなかわいいフィッシャーBoysに会いました。今晩の夕飯ゲットらしいです。たくましい!
f0235252_0274450.jpg

やっとたどり着いたSちゃん宅のある村は、88家族が住む小さな集落。なんとSちゃんが病気で当院へ来たときには、最初の写真のような道を8キロを1時間半かけて歩き、そして、乗り合いバスがあるところまでの足を探し、乗り合いバスに乗って合計8時間以上ももかけてきたんです。Sちゃんご家族は決して余裕がある家庭ではありません。病院へ来たことだけでも、父さんとお母さんがどれだけSちゃんを気にかけていたかがわかりますね。
f0235252_0281892.jpg

そして、そんな愛情豊かなご両親と過ごすSちゃん、すごく良くなっていました!よかった~!ちょっと心配していたんです。
f0235252_0285640.jpg

物は少ないですが、きれいに整頓されたキッチンを見て、尚更安心した。家の中が荒れている家庭はお金持ちでも子どもへの注意が十分でないなと感じることが多いんです。
f0235252_0345933.jpg

8キロ戻ったところにある小さな医療施設と今後の連携を話し合って戻ってきました。次は11月の訪問予定です。順調に大きくなってるといいな…。
250キロ、なが~い旅でしたがやっぱり行ってよかった。無駄な訪問はないな~っていつも思う気持ちです。
[PR]
by kazumi_Cambodia | 2015-09-23 00:37 | 赤尾さん活動報告